市販の点鼻薬3つ比較 副作用がなく安全性の高いおすすめ品はどれ?

side effect

鼻づまりがあるときに、シュッっと気軽に使える市販の点鼻薬。

商品名で言うと、パブロン点鼻薬やナザールスプレーなどですね。

どこでも買えるし、すぐに効果が出るしいい薬だなと思っている人も多いと思います。

しかし、使い方によっては薬の副作用で点鼻薬に依存する状態になってしまうことも…。

点鼻薬が手放せない体になるのは、怖いですよね。

今回の記事を読むことで、市販の点鼻薬にはどんな成分が入っていて、どういった副作用があるのかがわかると思います。

早速、見てみましょう。

スポンサーリンク

点鼻薬の種類

点鼻薬の種類は、大きく分けて3つに分類することができます。

1.抗ヒスタミン成分がメインの点鼻薬

抗ヒスタミン成分は、ヒスタミンの伝達をブロックすることで、アレルギーの反応を抑えます。具体的には、くしゃみ、鼻水、かゆみなどの症状を改善します。

市販されている薬でいうと、

【第2類医薬品】ザジテンAL鼻炎スプレーα 12mL

ザジテンAL鼻炎スプレーαなどが該当します。

副作用には、使用時に鼻の刺激感などが出ることがあります。

繰り返し使うことによって、効果が弱くなることはありません。

2.ステロイドの成分がメインの点鼻薬

ステロイドの成分は、体内の炎症を抑える働きがあります。そして過剰な免疫反応を抑えて、粘膜の状態を正常な状態に近づけます。

お医者さんが処方する点鼻薬には、ステロイドが含まれている点鼻薬が多くあります。

市販されている薬でいうと、

【指定第2類医薬品】コンタック鼻炎スプレー<季節性アレルギー専用> 10mL

コンタック鼻炎スプレー〈季節性アレルギー専用〉などが該当します。

副作用には、使用時に鼻の刺激感や赤みなどが出ることがあります。

繰り返し使うことによって、効果が弱くなることはありません。

ステロイドの副作用

ステロイドの副作用としては、満月様顔貌(別名:ムーンフェイス)や消化性潰瘍など気になる人もいるかもしれません。

ムーンフェイスとは、普段よりも食欲が亢進してしまい、脂肪が顔につきやすくなることです。消化性潰瘍とは、胃に炎症がおきてしまい、組織が痛んでしまう状態のことです。

しかし、上記のような副作用は、ステロイドを高容量で長期間内服したときに起こりやすい副作用になります。

通常、点鼻薬に含まれているステロイドの量は内服するステロイドと比較して極少量です。

医療用薬品の商品名を用いて一例をあげると、

ナゾネックス点鼻液の1回噴霧中には、50μgのステロイドが含まれます。

プレドニン錠5mgには、5mgのステロイドが含まれます。

1000μg=1mgとなるので、単純に内服量の1/100の量で効果が期待できるということになります。

しかも、点鼻薬に含まれるステロイドは粘膜に付着するけど、体をめぐる血液の中には非常に入りにくく、入ったとしても点鼻した量の数%と言われています。

したがって、ステロイドの全身性の副作用は、点鼻薬では通常起こることは考えられません。

スポンサーリンク

3.血管を収縮させる成分がメインの点鼻薬

血管収縮の成分は、鼻粘膜の膨張した血管を直ちに縮めて鼻づまりを改善します。作用が出るまでの時間が非常に早いため、使用した後は、すぐに鼻が通り爽快な感じがします。

具体的な成分名をいうと、ナファゾリンフェニレフリンテトラヒドロゾリンなどが該当します。

具体的な商品名で言うと

【第2類医薬品】パブロン点鼻 30mL


【第2類医薬品】ナザール「スプレー」(ポンプ) 30mL

ナザールスプレーなど、一般に市販されている点鼻薬の多くが該当します。

副作用には、使用時に鼻の刺激感や赤みなどが出ることがあります。

そして、注意書きに長期間続けて使用はしないで下さいと書いてあります。

なぜ、長期間続けて使ったらダメなのでしょうか?

血管収縮剤が入った点鼻薬の副作用

血管収縮剤が入った点鼻薬を長期間使ってしまうと、それが原因で鼻の血管や粘膜の状態が変性して、鼻の内部の粘膜が厚くなってしまい、鼻づまりが起きてしまいます。

さらに、その起きた鼻づまりが苦しいから点鼻薬を使って…の繰り返しが起きてしまうので、症状が悪化してしまうのです。点鼻薬に依存してしまう負のループですね(^_^;)

1.鼻づまり

2.苦しいから血管収縮剤入りの点鼻薬を使う

3.すぐに鼻づまりが良くなる。

4.また鼻づまりが起きる。

2.苦しいから血管収縮剤入りの点鼻薬を使う。の繰り返し…

病名でいうと、薬剤性鼻炎(点鼻薬性鼻炎)といいます。

このループを断ち切るには、医療機関にかかることをオススメします。

というか、医療機関にかかることなしに薬剤性鼻炎を改善するのは難しいでしょう。

なお、受診際のポイントとしては、今まで使用していた点鼻薬の説明書を持参することです。

医師の立場からすると、患者が今まで点鼻薬を使用していたことは知りません。

薬剤性鼻炎とアレルギー鼻炎では、治療方針が変わってくることがありますので、受診の際にはきちんと伝えるようにしましょう。

なお、薬剤性鼻炎の治療には、ステロイドの点鼻薬が使われることが多いです。

点鼻薬の一覧

抗ヒスタミン成分のみで血管収縮剤が入っていない点鼻薬

【第2類医薬品】ザジテンAL鼻炎スプレーα 12mL

ステロイド成分のみで血管収縮剤が入っていない点鼻薬

【指定第2類医薬品】コンタック鼻炎スプレー<季節性アレルギー専用> 10mL

血管収縮剤が入っている点鼻薬

【第2類医薬品】パブロン点鼻 30mL


【第2類医薬品】ナザール「スプレー」(ポンプ) 30mL

まとめ

  • ステロイドが入った点鼻薬でも、全身性の副作用はめったに起こらない。
  • 血管収縮剤が入った点鼻薬を使い続けると、薬剤性鼻炎になる。

スポンサーリンク

他の記事へのリンク

鼻炎でお悩みの方にオススメ 薬に頼らず鼻がスースー【えぞ式すーすー茶】とは?

鼻炎の飲み薬3つの比較 市販で買えるイチ押し品はどれ?

アレルギー薬の強さ比較 ランキングとグループ分け

お時間を使って、最後まで記事を読んで頂いて、ありがとうございました。
少しでも良いなと思える内容はありましたか?
シェアボタンを押して頂けると、記事を書く励みになります(^^)

シェアする

/*アフィリエイトb キーワード計測タグ*/