コロコロとした便や、下痢や便秘を繰り返すけいれん性便秘ってどんな症状?

痙攣性便秘1

「ストレスと便秘って関係があるの?」

「女性だけでなく男性がなりやすいる便秘ってどんなものがあるの?」

「引っ越して、環境が変わってからなぜか便秘になった。関係があるの?」

など、便秘について知りたいことが多くあると思います。

今回は、ストレスと関連が高い痙攣性便秘(けいれんせいべんぴ)についてまとめてみました。

スポンサーリンク

痙攣性便秘の原因

痙攣性便秘2

腸の周りについている筋肉が過剰に活動して、食べたものをスムーズに動かせなくなる便秘です。腸は動くのですが、周りの筋肉との調和がとれていません。

例えるならば、歯磨き粉を押し出す時に、中身が入っていない部分を何回も押しているような感じです。歯磨き粉が入っていないところを何回押しても出ませんよね。

便秘の中でもストレスとの関連が一番深いです。

腸の働きは自律神経の副交感神経によって制御されています。

ストレスを受けると交感神経の働きが高まり、副交感神経の働きが弱くなってしまいます。

副交感神経の働きが弱くなると、それによってコントロールされている腸の動きもおかしくなるというわけです。

あなたは、新しい学校に進学をしたり、就職して社会人になりたての頃、引越しをした後などに便秘が始まった経験はありませんか?

新しい環境からストレスを受けて、その影響で痙攣性便秘になる可能性はあります。

スポンサーリンク

痙攣性便秘の症状

腹痛1

腸の筋肉の運動の調和が乱れると、どうなるのでしょうか?

  • 便秘と下痢を繰り返す。
  • コロコロとした丸い便が出る。
  • 腹痛が起こる。

食べたものがスムーズに移動できないために便秘になります。

そして、この時の便はコロコロとした小さい丸い形になることが多いです。

また、過剰な腸の蠕動運動によって、水分が吸収されていない状態で便が押し出されてしまいます。その結果、下痢も起こります。

また、腸の収縮運動の調和がとれていないために、一部ねじれたような形になることがあり、その部分で腹痛が起こります。一度排便すると、その痛みがすっと無くなり、何事もなかったかのように収まることが多いです。

この痙攣性便秘の症状は、過敏性腸症候群と呼ばれる病気とよく似ています。原因不明の腸の炎症で、下痢と便秘を繰り返す症状の病気です。過敏性腸症候群は男性に多い病気です。男性の方がストレスの影響を受けやすいのかもしれませんね。

治し方

音楽を聴く1

  • 副交感神経を活性化する。
  • ストレスの解消をする。
  • 睡眠時間を一定にするなどして生活のリズムを整える。

などです。

まとめ

  • ストレスを受けて副交感神経の働きが低下すると、腸の運動が乱れて痙攣性便秘になる。
  • 痙攣性便秘は、便秘だけでなく下痢の症状も出る。
  • 進学や就職などで普段と違う環境になった人などは、要注意。

スポンサーリンク

他の記事へのリンク

便秘でお悩みの方にオススメ 5種類の乳酸菌サプリメント「カルグルト」とは?

下剤の種類一覧 イメージ図ありで、病院でもらう薬がよくわかる。

便が出ないあなたには、簡単クイクイスクワット! 腸内環境まで改善できる。

お時間を使って、最後まで記事を読んで頂いて、ありがとうございました。
少しでも良いなと思える内容はありましたか?
シェアボタンを押して頂けると、記事を書く励みになります(^^)
コロコロとした便や、下痢や便秘を繰り返すけいれん性便秘ってどんな症状?
【健康ワンポイント】の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!