寝る前のスマホは睡眠に影響あり。古賀先生の見解は?

smartphone

2015年11月23日放送『スッキリ!!』の週刊からだニュースのコーナーで、睡眠に関する睡眠の新常識をやってました。

寝る前にスマホの画面から出るブルーライトを浴びると、睡眠のリズムが狂い不眠になるとのことです。

ブルーライトって聞いたことあるけど、実際はどう影響するのでしょうか?

スポンサーリンク

睡眠の悩みのある人の割合

日本人はどのくらいの割合で、睡眠の悩みを抱えているのか?

睡眠に関する悩みや障害がある人は、5人に1人はいると言われています。

番組の独自調査では、睡眠に不満がある人は、

81% 不満がある。
19% 不満がない。

具体的な内容は、「朝起きれない」「夜に寝付けない」「不眠症」などです。

これらを改善するために睡眠のポイントがあります。

睡眠の専門家の古賀Dr

睡眠のことを教えてくれるDrは、

杏林大学医学部付属病院
精神神経科
古賀良彦 先生

睡眠ドクターの異名を持つ、睡眠研究の第一人者です。

古賀Drへのインタビュー

レポーター
寝不足などの睡眠の悩みを放っておくとどうなりますか?
古賀医師
体と心に障害が表れるんですよ。

寝つきが悪かったり、途中で目が覚める人は、血圧が高い人や糖尿病の人に多い。

それから、精神障害というか、うつ病にしても、色んな不安もある病気にしても、最初の症状は不眠です。

睡眠の悩みは放っておくと危険なんですね。

そして、健康的な睡眠をあるものが脅かしているといいます。

古賀医師
やっぱり、最近はブルーライトですよ。

ブルーライトとは、スマートフォンやパソコンの液晶から多く発せられている光。
ブルーライトと睡眠には、深い関係があるといいます。

古賀医師

寝る前にスマホを使ったり、場合によっては布団に入ってから使う。若い人にこういうパターンの人が多いじゃないですか。

睡眠のパターンがまだできあがってない子供が、ブルーライトを浴びて睡眠のリズムそのものを崩してしまう。

これが一番大きい問題だと思います。

ブルーライトは、太陽の光と近い性質がある。

寝る直前、布団の中でスマホなどをさわると、寝つきが悪くなってしまう。しかも、一般的に若い人ほど水晶体が透き通っているため、ブルーライトの影響を受けやすい。

寝る前にスマホを見る習慣がある人は、気を付けた方がいいですね。

乱れた睡眠リズム

夜:寝つきが悪い

朝:目覚めが悪い

昼:眠気で勉強や仕事に影響が出てくる。

このように、睡眠リズムを崩す若者が増えている。

スポンサーリンク

睡眠リズムを整えてくれるDr

崩れた睡眠リズムを元に戻す治療を行っているのが、

東京睡眠医学センター
スリープクリニック
遠藤拓郎 先生

遠藤Drへのインタビュー

レポーター
実際には、どういった治療を行うんでしょうか?
遠藤医師
人工的な朝の光で治療します。人工的に朝の光を作らない限り、極端に言うと一生治らない。

ここで、レポーターが人工的な光をつくるゴーグルをかけました。

名前は、『 Re-Timer リタイマー』といいます。

現在は、完売につき販売されているのは、確認できませんでした。

緑色の優しい光を感じますとコメントしていました。

このゴーグルの光を浴びることで、脳は今は起きている時間と認識する。

目覚めが悪い人は、起きた直後にかけると、脳がスッキリ。

1週間ほど続けることで、睡眠リズムが調節される。

狂った睡眠リズムは、光で治せるとのことです。

所感

この記事を書いていて思ったのですが、ブルーライトは太陽の光と近い性質があるんですよね。そしたら『 Re-Timer リタイマー』という器具を使わなくても、スマホなどを使うことで体内時計のリズムを整えることは出来ないでしょうか?

例えば、朝起きてすぐに、スマホの画面を15分見るとか。体内時計に作用するのだから、うまく使えば整えることも可能だと思うのです。

しかし、こんな研究をしたら『 Re-Timer リタイマー』などの体内時計を整える器具が売れなくなってしまうので、実際はされないんでしょうね(笑)

まとめ

  • 日本人で、睡眠に関する悩みや障害がある人は、5人に1人。
  • ブルーライトは、太陽の光と近い性質があり睡眠のリズムを崩すこともある。
  • 現在、入手不可能な『Re-Timer リタイマー』で睡眠のリズムを整えることができる。

スポンサーリンク

お時間を使って、最後まで記事を読んで頂いて、ありがとうございました。
少しでも良いなと思える内容はありましたか?
シェアボタンを押して頂けると、記事を書く励みになります(^^)
寝る前のスマホは睡眠に影響あり。古賀先生の見解は?
【健康ワンポイント】の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!