サタデープラス くるみで肌と血管年齢が若返る。

walnut

2015年12月5日放送の『サタデープラス』で、長野県が生産量日本一、美肌と血管若返りのスーパーフード『くるみ』を放送していました。

肌や血管年齢の若返りに効果があるのは、なぜなのでしょうか?

内容をまとめてみました。

スポンサーリンク

くるみを食べている村の人の肌年齢は?

nagano2

長野県東御市で取材が行われていました。

くるみを食べている人の肌年齢は…

性別 実年齢 測定年齢 その差
女性 47歳 33歳 -14歳
女性 71歳 56歳 -15歳
女性 41歳 31歳 -10歳
女性 47歳 37歳 -10歳
女性 63歳 52歳 -11歳

血管年齢は…

性別 実年齢 測定年齢 その差
女性 59歳 42歳 -17歳
女性 67歳 36歳 -31歳

と、みなさん非常にいい結果が出ていました。

長野県東御市は、国産くるみシェア8割を生産しています。
殻つきくるみが気軽に買える環境です。

くるみは、α-リノレン酸を豊富に含む。

くるみには、体内で作ることができないオメガ3脂肪酸のひとつである「α-リノレン酸」が豊富に含まれている。亜麻仁油、えごま油にも含まれる成分。

青魚からしか摂れないEPAやDHAに体内で変換される。

EPA・DHA
青魚の油に含まれる血液をサラサラにする栄養素。

くるみは、ナッツ類では別格の含有量である。

ナッツ類のオメガ3脂肪酸の含有量は?(28gあたり)

ナッツの名前 含有量
くるみ 2.5g
ピーカン 0.5g
アーモンド 0g
ピーナッツ 0g
ピスタチオ 0g

ペンシツバニア州立大学の研究では、くるみを取り入れた食生活を6週間続けると、血液中の悪玉コレステロールの値が11~12%減少する研究結果もある。

くるみは、クルミポリフェノールも含んでいる。

体の酸化、つまり体の老化を抑えるポリフェノール

クルミには、クルミポリフェノールという抗酸化物質も多く含んでいます。

抗酸化物質(ポリフェノール)の比較

赤ワイン(125ml) 372mg
くるみ(28g) 802mg

赤ワインの倍以上もポリフェノールを含んでいるとは驚きです。グラム数とmlの比較なので量の関係が不明確ですが、一食分で比較するとという意味だと解釈できます。

くるみのポリフェノールをより多く摂取するための方法とは?

ローストします。

そうすると、ポリフェノールの量がローストをする前と比べて1.5倍になります。

なので、くるみを買うときは、ローストしたものがオススメです。

スポンサーリンク

クルミをつかった料理

クルミ味噌

荒くすりつぶしたくるみに、味噌、砂糖、みりんを加えた調味料。
焼きおにぎりで食べると、うまい。

くるみ小女子(こうなご)

みりんとはちみつをからめる。

東御市では、豆類やゴマの代わりに料理に使用される。効率的にαリノレン酸とポリフェノールを取り入れている。

ざるそばとくるみダレ

くるみをペースト状にしたくるみダレ。そばつゆに溶かして食べる。

さらなる効果を期待できる食べ合わせです。
そばには、毛細血管を丈夫にするルチンが豊富で、そば×くるみでさらなる血管の若返りと抗酸化作用が期待できる。

くるみは、一日にどのくらい量を食べたらいい?

1日のくるみの摂取量は、4,5粒。
あまり食べ過ぎると、脂肪の摂りすぎになるので注意。

まとめ

  • くるみを食べる長野県東御市では、肌年齢が-10歳を上回る人が続出した。
  • くるみには、血液をさらさらにするEPAやDHAに変換されるα-リノレン酸が、豊富に含まれる。
  • くるみには、抗酸化作用を持つクルミポリフェノールも含まれる。
  • くるみは、一日に4,5粒食べるといい。

スポンサーリンク

サタデープラスの放送日順の全記事リストあります。

他のサタデープラスの記事をお探しの方は、上記のリンクが便利です。

お時間を使って、最後まで記事を読んで頂いて、ありがとうございました。
少しでも良いなと思える内容はありましたか?
シェアボタンを押して頂けると、記事を書く励みになります(^^)
サタデープラス くるみで肌と血管年齢が若返る。
【健康ワンポイント】の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!