お酢を美味しく飲める【フルーツ酢】 血圧改善と体脂肪-5%も

Vinegar

2016年1月9日放送の『サタデープラス』で、名医の健康法が紹介されました。

今回は、お酢で内臓脂肪と血圧が改善、美味しく飲めるフルーツ酢の作り方が放送されていました。

毎日お酢を飲むだけで、中性脂肪が減るとは嬉しいですよね。

しかも、フルーツ酢って聞いただけでなんか美味しそうです。

放送された内容だけでなくて、さらに内容を付け加えました。

スポンサーリンク

フルーツ酢の作り方

pickles

画像は、イメージです。

フルーツ酢で毎日無理なくお酢を取り入れることができます。

フルーツ酢とは、フルーツを酢に漬けこんだものです。

材料

穀物酢 200ml
ハチミツ 200g
好きなフルーツ 100g程度

お酢:ハチミツ:フルーツ=2:2:1

の割合を保てばOKです。

器具

酢を保存できるビン

レシピ

1.お酢とハチミツをビンに入れて、しっかりとかき混ぜる。

2.フルーツをカットする。

  •  大きい果物は小さくカットする。オレンジ、バナナなど。
  •  小さい果物はそのまま入れる。ブルーベリー、イチゴなど。

3.フルーツ酢を冷蔵庫で約1週間寝かす。その際、1日1回はビンを振って中身をよく混ぜる。

4.フルーツを取り除き、フルーツ酢の完成。

オススメの飲み方は、炭酸などで5倍以上に薄めて飲む。

すっきりとした味わいだそうです。

お酢の有効成分とは

お酢には、『酢酸』という成分が含まれています。お酢がすっぱいのは、この酢酸が原因です。酢酸が健康の機能に作用していると言われています。

他にも、酢はアルコールを発酵させて作るので、アミノ酸などの体に有用なものなど、たくさんの成分が含まれています。

忘れがちですが、酢は発酵調味料になるんですよね。

お酢を毎日どのくらい飲んだらいい?

1日当たり、大さじ1杯(15cc)のお酢を飲むと、健康効果があると言われています。

大さじ一杯の量を飲むには、料理に入れてみたり、そのまま酢を割って飲むのでも構わないです。

飲む時間帯は、食事の最中か食後がいいです。空腹時だと胃酸が多くて体に対して刺激になります。胃痛の原因にもなるので、空腹時にお酢を飲むのは控えましょう。

スポンサーリンク

お酢の健康効果とは

酢を毎日飲むことで、老化を防ぎ若返り効果が期待できます。

その中でも注目なのは、血圧を下げる効果と脂質を減少させてくれる効果です。

高血圧の人の血圧が下がる。

血圧2

お酢を毎日摂り続けていると、血圧を下げる効果が期待できます。

それは、お酢に含まれる『酢酸』が関係しています。酢酸が体の中に入り細胞に取り込まれます。それを代謝した後に血液中に『アデノシン』という物質が放出されます。

この『アデノシン』が血管を拡張させる働きがあるので、高血圧の人の血圧が下がるのです。

内臓脂肪と中性脂肪が減少する。

お酢を3か月とり続けると、内臓脂肪と皮下脂肪がそれぞれ平均5%低下したという報告があります。さらに、血液中の中性脂肪を減らす効果も期待できます。

内臓脂肪が減るメカニズムは、酢酸が関係しています。酢酸が細胞の代謝をスムーズにし、効率よくエネルギーを使えるようにする働きがあると言われています。

血液中の中性脂肪が減るのは、やはり酢酸が関係しています。コレステロールの合成を抑える働きがあると言われています。

ビタミンCを効果的に摂取できる

酢+フルーツの組み合わせで、ビタミンCを効果的に摂取できます。

ビタミンCを加熱調理すると、酵素の働きにより分解されてしまいます。

お酢には、ビタミンCを包み込んで酸素から守る働きがあります。

フルーツ酢を飲むことによって、中に溶け込んだビタミンCが、体の中で途中で分解されることなくきちんと吸収するまで守られます。これは嬉しい効果ですね。

そして、ビタミンCをたくさん摂ることで、お肌の調子もよくなります。

まとめ

  • お酢の有効成分は酢酸。1日に大さじ1杯のお酢で、健康効果が期待できる。
  • お酢の健康効果は、高血圧、内臓脂肪、中性脂肪に効果が期待。
  • フルーツ酢で毎日無理なくお酢を飲める。
  • お酢は、ビタミンCを効果的に摂取できるように手助けしてくれる。

スポンサーリンク

サタデープラスの放送日順の記事リストあります。

お時間を使って、最後まで記事を読んで頂いて、ありがとうございました。
少しでも良いなと思える内容はありましたか?
シェアボタンを押して頂けると、記事を書く励みになります(^^)