蒸しショウガの作り方 体温アップで手足の冷えがポカポカに改善

蒸ししょうがの作り方

2016年3月5日放送の『サタデープラス』で、蒸しショウガで冷え性が改善を放送していました。

実際に実践した小島瑠璃子さん(通称:こじるり)は、体温が0.6℃アップしたそうです。

蒸しショウガとは生の生姜を加熱してから乾燥させ、粉末状にした調味料のことです。

この蒸しショウガには、低体温の改善に絶大な効果を発揮する秘密があります。

早速、内容を見てみましょう。

スポンサーリンク

蒸しショウガのレシピ

ginger2

材料

生のしょうが 適量

使う調理器具

オーブン

蒸しショウガを作る際に蒸し器は不要です。

作り方

1.しょうがを皮付きのまま薄切りにします。

この時、できるだけ薄くスライスすることで乾燥が早くなります。

2.スライスした生姜をオーブンのトレイに重ならないようにして並べます。

3.オーブンに入れて加熱します。加熱時間は100℃で、約1時間。

電子レンジのオーブン機能を使っても大丈夫です。しかし、電子レンジを使用しての加熱は発火する恐れがあるため、絶対に行ってはいけません。

あとは、放っておくことで加熱と乾燥をしてくれます。

このときに加熱されたことで、ショウガオールがショウガの中で作られます。

そして、体温アップ効果が生の生姜の10倍にもなります。

時間が経って、オーブンを開けてみるとしょうがが乾燥して小さくなっています。

4.ミキサーやすり鉢で蒸しショウガを粉末状にします。

このことで他の料理に使いやすくなります。

蒸しショウガの保存期間

常温で3ヶ月間保存ができます。

以前の酢しょうがは、7~10日間だったので、保存期間が伸びるのは便利ですよね。

蒸しショウガの食べる量

毎日小さじ一杯の蒸しショウガを摂ることで体温が上がってきます。

蒸しショウガの食べ方

さまざまな料理に、蒸しショウガをちょい足しして使います。

味噌汁、そば、うどん、鍋など食卓に欠かせない存在になるようです。

蒸しショウガの効果

white coat2

しょうがを加熱することで、中に含まれている成分ジンゲロールショウガオールに変化します。ショウガオールという成分は、胃腸を直接刺激し体の中から熱を生産し、体をより温める効果があります。

温め効果を比較してみると、生のしょうがや酢しょうがに比べて、蒸しショウガの温め効果は約10倍にもなるといいます。蒸しショウガってすごい温め効果があるんですね。

蒸しショウガを毎日食べているドクターのお子さんの体温を測っていました。

姉の体温が36.9℃で、妹の体温は37.1℃もありました。

日本人の平均体温よりも、約1度も高い結果です。

その数値を見た瞬間は、「微熱が出ているんではないか?」と自分の中に疑問が湧きました。でも、ドクターのお子さんなので、病気の関係ならば医師である親がわかるだろうし、元々の体温が高いのだろうと納得しました。

ショウガオールとジンゲロールの関係については、以前の記事でも書いています。

良かったら、見てみて下さい。

ためしてガッテン 生姜で冷え性対策 生と乾燥ショウガの違いとは?
2010年08月25日放送の『ためしてガッテン』で、冷え性をショウガで改善する特集をやっていました。 生のショウガと乾...

蒸しショウガを食べた小島瑠璃子さんの結果は?

小島瑠璃子さんの平均体温は35.9℃でした。

血液中のNK細胞の量を測ると、248/μlでした。

これは、正常値が290/μl以上なので、正常値以下の値です。

NK細胞とは、ウイルスをやっつけたり、がん細胞退治する免疫細胞のことです。

細胞の数が少ないと、免疫力が下がっているということを示唆しています。

実際本人も2ヶ月に1回は風邪をひいてしまうと言ってました。

低体温の状態を改善するため10日間、1日小さじ一杯の蒸し生姜生活を続けました。

その結果は、

蒸しショウガを食べる前 蒸しショウガを10日間食べた後
平均体温 35.9℃ 36.5℃ 0.6℃アップ
NK細胞の数 248/μl 290/μl以上 正常値に回復

小島瑠璃子さんは、平均体温が0.6℃上昇して、NK細胞の数が正常値まで改善しました。

蒸しショウガで低体温が改善されて良かったですね。

一般参加の方の結果

一般の参加者の方も10日間の蒸しショウガ生活をしました。

その結果は、

年代 Before After その差
30代 35.9℃ 36.4℃ 0.5℃
40代 35.8℃ 36.4℃ 0.8℃
50代 35.4℃ 36.2℃ 0.8℃

参加した3人の方全員が、平均体温が上昇する結果がでました。

蒸しショウガって、すごいですね。

蒸しショウガをしっかりとることで、1ヶ月で体温を1℃上げることも可能だそうです。

スポンサーリンク

低体温の弊害

低体温

平熱が36℃を下回ると低体温と呼ばれます。

およそ60年前、1957年日本人の平均体温は36.9℃

2012年の平均体温は36.2℃

-0.7℃低下していることになります。

体温が一度下がると、免疫力が約30%低下します。

体温が下がると、体がこれ以上熱を逃がさないために血管が縮みます。そうすると血行が悪くなり、そのことで身体の臓器に十分な血液が行き渡らなくなり、臓器の不調を招きます。

そうすると、風邪をひきやすくなったり、臓器の不調として現れたり、がん細胞の増殖を許してしまうことがあります。

たかが低体温と思っていましたが、体の不調とつながっているなんで、怖いですね(^_^;)

蒸しショウガの販売

蒸しショウガをつくりたいけど、なかなか時間がないしちょっと手間だな~と思う方やもっと手軽に蒸しショウガのパワーを取り入れたいって人いませんか?

いつも手足の冷えを感じていて、靴下を重ね着しているのを、蒸しショウガを食べることで体がぽかぽかになって、改善したらいいですよね。

そして、同時に免疫力も上がって、普段風邪が引きやすい体質が改善したらとても嬉しいです。

Amazonで、ショウガパウダーというのが販売されています。

価格は、約1,200円程度。

高知県産のしょうがを蒸してから粉末に加工しています。

高知県産 しょうが粉末 100g (ウルトラショウガ)高品質100% 蒸し工程 乾燥粉末【スプーン付き】


実は、私は冷え性なんです。

この商品は既に粉末なので、料理に入れるだけで簡単にショウガ生活が始められますね。

ドクターズチョコのように皆で買い求めると、すぐに売り切れになることあります。

興味のあるかたは、お早目に買っておくといいですよ。

今回は、私も試しに買ってみます。

レビュー記事へ

まとめ

  • 蒸しショウガを食べることで体温の上昇が期待できる。
  • そして、冷え性の改善や免疫力アップの嬉しい効果もある。

スポンサーリンク

他の記事へのリンク

冷え性対策の健康食品 しょうがをお手軽にとれる『酒粕しょうが粒』とは?

高知県産 しょうが粉末 100g 購入後のレビュー

お時間を使って、最後まで記事を読んで頂いて、ありがとうございました。
少しでも良いなと思える内容はありましたか?
シェアボタンを押して頂けると、記事を書く励みになります(^^)
蒸しショウガの作り方 体温アップで手足の冷えがポカポカに改善
【健康ワンポイント】の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!