サタデープラス がごめ昆布と山うに豆腐で、美味しく血管の若返り。

サタプラ がごめ昆布

2016年5月21日の『サタデープラス』で、がごめ昆布と山うに豆腐で、血管若返りが放送されました。

サタデープラスで血管若返りと言えば、酢しょうがトマト寒天氷酢たまねぎと色々紹介されましたね。

今回は、昆布と豆腐に焦点をあてての内容になりました。

どちらも地元食材でとても美味しそうです。

さらに、健康にも良いとはなお嬉しいですね。

早速見てみましょう。

スポンサーリンク

がごめ昆布とは?

がごめ昆布は、北海道の函館周辺の主な産地です。

これから夏にかけてのわずかな期間しか採取できないです。

昆布の表面にデコボコ模様がついていて、かごの目の様に見えます。

それがなまって、「かごめ→がごめ」と変化したのが名前の由来です。

がごめ昆布は、幅50cm 、長さ3メートルにまで成長します。

普通の昆布と何が違うのか?

一般的な昆布は、真昆布と言われます。

肉厚で、出し昆布として利用されるされるものです。

水につけていても強い粘りがでることはありません。

がごめ昆布は、特有の強い粘りがあります。

一晩水に漬けておくと、ネバネバの成分が溶け出してきます。

真昆布と同じ領域で採れるため、以前は海の雑草扱いでした。

しかし、実はそのネバネバが健康成分であることがわかり、注目されるようになりました。

がごめ昆布の3割以上は食物繊維

がごめ昆布には、水溶性食物繊維が豊富に含まれてています。

なかでもフコイダンとアルギン酸という成分が体に良いそうです。

フコイダン

脂分など絡めとって体の外へ出してくれる働きがあります。

そのため、血液中のコレステロールや中性脂肪の上昇をを抑える効果が期待できます。

海藻の中でも、がごめ昆布はフコイダンが特に豊富で、真昆布の2倍以上も含まれています。

アルギン酸

血液中に含まれている過剰なナトリウムイオンを効果的に体の外に排出してくれる働きがあります。

そのため、高血圧の予防改善が期待できます。

がごめ昆布を食べる時の注意

海藻にはヨードが含まれるため、甲状腺性疾患をお持ちの方は医師に相談の上に摂取してくださいとのことです。

がごめ昆布入りの商品

とろみ化粧水 180ml


モデム Gagome N&Sシャンプー300ml (ガゴメ)

お肌の保湿にも効果的なので、化粧品、シャンプー、手作り石鹸などにも利用されています。

がごめのおぼろ昆布

がごめ昆布は、おぼろ昆布で食べるとよいといいます。

おぼろ昆布とは、昆布の表面を刃物で削り薄く加工した状態のこと。

だから、真昆布のおぼろ昆布もあります。

私は昆布についての知識がなかったので、新しい昆布の種類かと思っちゃいました。

なぜ、おぼろ昆布にすると効果的なのか?

がごめ昆布の細胞の大きさは約0.1ミリです。

おぼろ昆布に加工すると、その薄さ差は0.01ミリになります。

細胞を破壊することで、細胞と細胞の間にあるような有効成分が多く溶け出すといいます。

おぼろ昆布の食べ方

  • がごめすり身団子汁
  • がごめ昆布巻きおにぎり
  • がごめ納豆
  • マグロのカルパッチョがごめ風味ドレッシング

など、色々な食べ方が番組で紹介されていました。

その中でも、私はシンプルにおにぎりとお味噌汁に入れて食べると美味しそうだなと思いました。昆布には、うまみ成分グルタミン酸が含まれているので一味違った感じになるかもしれませんね。

がごめとろろ昆布 50g(小袋)北海道道南産

スポンサーリンク

樫の木豆腐とは?

白澤卓二先生オススメの食材です。

熊本県の五木村で食べられている普通より硬い豆腐です。

栄養素とタンパク質の塊で、普通の豆腐の3倍の栄養成分が含まれています。

樫の木豆腐をつくる時には、通常の豆腐の3倍の大豆を使います。

にがりを入れて、重りを乗せて40分間じっくりと圧縮して完成。

豆腐など大豆製品に含まれるタンパク質グリシニンは、動脈硬化の原因となる中性脂肪やコレステロールを下げてくれます。したがって、悪玉コレステロールを下げてくれる非常に健康的な食材と言えます。

山うに豆腐とは?

樫の木豆腐を長方形にカットして、もろみ味噌に半年間漬け込んだもの。

800年前、平家の落人が保存食として豆腐の味噌漬けを作ったのが始まりだそうです。

濃厚でクリーミーで、まるでウニのような味を楽しめます。

山うにとうふの栄養

発酵によって、豆腐にさらに栄養素が加わります。それは、ビタミンB。

お味噌の中に入っている栄養素で、ビタミンBは脳の活動とか機能に非常に重要な働きをします。

したがって、山うにとうふは血管を若返らせる効果と、脳を活性化させる効果の二つの効果が期待できるすごくいい食材だと言えます。

さらに、大豆にはイソフラボンという栄養素も含まれています。

女性ホルモンと構造が非常に似ていて、お肌によく保湿効果も期待できます。

また、男性の前立腺肥大の予防につながることが最近わかりました。

美味しい山うにとうふの食べ方

  • 山うにとうふごはん

大豆に含まれるたんぱく質が糖の吸収を緩やかにして血糖値の上昇を抑える働きが期待できます。
とうふみそ漬けで検索すると、色々な商品が見つかりますよ。

まとめ

  • がごめ昆布に含まれているフコイダンとアルギン酸が健康効果を発揮する。
  • 山うにとうふに含まれているグリシニンは、悪玉コレステロールを下げるなどの効果が期待できる。

スポンサーリンク

サタデープラスの放送日順の全記事リストあります。

他のサタデープラスの記事をお探しの方は、上記のリンクが便利です。

お時間を使って、最後まで記事を読んで頂いて、ありがとうございました。
少しでも良いなと思える内容はありましたか?
シェアボタンを押して頂けると、記事を書く励みになります(^^)
サタデープラス がごめ昆布と山うに豆腐で、美味しく血管の若返り。
【健康ワンポイント】の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!