サタデープラス 認知症予防の簡単脳トレの方法とは?

サタデープラス 脳トレ

2016年5月7日の『サタデープラス』で、認知症検診と自宅でできる簡単脳トレを放送をしていました。

今回は、梅沢富美男さん65歳が認知症検診にチャレンジ。

同じ企画の第7弾になるんだそうです。

前回は、デヴィ夫人が挑戦していましたよね。

内容を簡単にまとめてみました。

スポンサーリンク

今回、番組に出演した先生

前回と同じく東京医科歯科大学特任教授、メモリークリニックお茶ノ水委員長の朝田隆先生です。

認知症に関連する書籍をいくつも書いています。

ボケない暮らし 30ヵ条

認知症の検診項目

見当識のチェック

見当識とは、場所や日時など自分が置かれている状況を把握しているかの確認です。認知症が進んだ方は、自分が今どこにいるか、何時なのかがわからなくなります。

例えば、散歩に出かけたけど、家に帰る道がわからなくなったとかですね。

梅沢富美男さんは…

年齢は何歳ですか?

→65歳です。

今年は何年でしょうか?

→2016年ですね。

季節はいつでしょうか?

→春ですね。

と問題なくクリアしていました。

遅延再生機能チェック

直前に記憶したことを覚えていられるかのチェックです。

  1. 三つの言葉を記憶
  2. 別の課題で注意をそらす
  3. 三つの言葉を覚えているかの確認。

の順番で行います。

認知症が進むと、短期的な記憶の抜け落ちが出てきます。

例えば、レジで一度お金を払ったのにその記憶が抜けてしまい、再度払おうとするなど。

視空間認識能力テスト

空間を認識する能力をテストのため、家の間取り図を書いていました。

認知症の人がその能力が衰えてしまい、家の間取りがぐちゃぐちゃになってしまうといいます。

梅沢富美男さんは、間取り図を書いて家の中に置いてある、ソファーや花瓶など、詳しく説明できていました。

自宅で簡単にできる視空間機能チェック

自宅で、視空間の能力を確認するには、鏡文字を書いてもらうのが有効です。

例えば、

」の鏡文字を書いて下さい。

く

」の鏡文字を書いて下さい。

ぬ

などです。

もし上手くできなくても、考えることが脳の活性化につながります。

番組では、2例しかなかったので、私がいくつか追加しておきますね。

す1 は1 む さ を

この『を』なんて、すごく難しくて答えを見ても、私は出来る気がしませんが…(笑)

スポンサーリンク

嗅覚のテスト

認知症の初期症状として、嫌なにおいがわかりにくくなるといいます。

知識や想像でごまかせないのが他のテストと違う所なのだそうです。

前回のデヴィ夫人の嗅覚検査の所で、同じ内容を書いています。

脳の血流テスト

脳に血流を測る計測器をつけて、計算問題をします。

100-3から始まり-3繰り返す計算を続けて、脳の血流を見ました。
97、94、91、82、88

100-2から始まり-2を繰り返す計算では、
98、96、94、92、80

梅沢富美男さんは、時々間違えてしまいます。

そこでわかったことは、活動初期の血流量が少なく、前頭葉の反応が小さい。

一定の集中力を維持してなくて、作動記憶が障害されているということでした。

作業記憶の障害で起こること

レジでの小銭の計算ができないため、お札でお金を払う機会が増えます。

その結果、財布に小銭ばかりが貯まるという認知症の症状を引き起こします。

梅沢富美男さんのお財布の中身を確認すると、小銭がたくさん入っていました。

さらに、カバンの中身には、全く同じ雑誌が2冊あったり…。

生活の身近なところに変化が出てくるんですね。

梅沢富美男さんの生活

食生活

  • 朝7時にラーメン
  • 夜8時にから揚げなど高カロリーの食事
  • 夜11時に舞台の打ち上げで焼肉

など、1年の半分以上はこういう食生活をしているといいます。

お酒の量

  • 1日7~8杯。
  • 取材日は、焼酎ボトル1本とハイボール8杯を飲んでいました。

お酒の量も多めですね。

タバコの量

タバコを1日3箱吸うヘビースモーカー

朝田先生の判断は…

こうした生活を続けると脳血管性障害のリスクは跳ね上がります。

かなりの確率で前頭葉の萎縮が出てきます。

高血圧

高血圧になると強い圧力で血液が押し出されるため、血管が慢性的に炎症する可能性が出てきます。その結果、最悪の場合、脳の神経に血液が行き渡らず神経細胞の死滅を起こす場合がある。そして脳の萎縮につながります。

糖尿病の認知症リスク

正常な人に比べて糖尿病の人は認知症になりやすさが2倍になるといいます

梅沢富美男さんの診断結果は

アルコール性の前頭葉の萎縮が認められます。

それによって、作動記録が衰えて、雑誌を重複して購入などがあります。

しかし、記憶を司る海馬の委縮は認められないため、認知症は大丈夫との判断になりました。

自宅でできる認知症予防の簡単脳トレ

くるくる単語

☆に一文字入れて、時計回りに読んである単語を完成させてください。

はなたば1

正解は…

はなたばです。

読み始めの文字を探すのは大変だけど、そこが頭を使うポイントだそうです。

もう一問いきましょう。

おとしだま

正解は…

おとしだまです。

スタジオでは丸山君が苦戦していましたね。

生放送で、緊張している中クイズ出されたら、ハマってしまったら難しいのかもしれませんね。

では、私からも一問いきます。

へそくり

正解は…

へそくりです。

簡単に出来て、トレーニングになるとは嬉しいですね。

からだ時計

自分の体を時計だと想定し、指定された時間を、両腕を使って示してください。

時計

こんな感じの絵の前に立って、9:50と言われたら、自分の腕でその時間を表現していました。

でも、このトレーニングは1人ではなく、2人でやらないとスムーズに出来ないですよね。

私が考えた1人でできるトレーニング

今回の番組内容を考えて、それを応用したトレーニングをオリジナルで編み出しました。

それは、鏡文字で表現された時計に、長い針と短い針を書き込むということです。

逆時計

例えば、9:25を書いて下さいとなると…

9-25

意外と頭を使いますよね。

この記事を読んでいるあなたも、時間が空いたときにどうですか?

もはや、日常生活を脳トレにしてしまう方法

検索していたら、たまたま見つけてしまいました…。

逆転時計 QL886ホワイト 4718ac

世の中には、こういう商品も売られているんですね。

この時計は、身近に脳トレをしたいという方のために開発された…のではなく、鏡のあるところで使われることを想定して作られたそうです。

鏡に反射した時計を見ると正しい時間がわかるので、洗面所、化粧台、美容室や床屋さんなどで時間がすぐにわかり、重宝されているようです。

まとめ

  • 認知症で、視空間機能が衰えると家の間取りが書けなくなる。
  • 作業記憶が障害されると、財布に小銭ばかりがたまってしまう。
  • 自宅で簡単な脳トレをやることで、認知症予防に効果が期待できる。

スポンサーリンク

サタデープラスの放送日順の全記事リストあります。

他のサタデープラスの記事をお探しの方は、上記のリンクが便利です。

お時間を使って、最後まで記事を読んで頂いて、ありがとうございました。
少しでも良いなと思える内容はありましたか?
シェアボタンを押して頂けると、記事を書く励みになります(^^)