サタデープラス 血管のプラークは、コーヒーのクロロゲン酸で減少

coffee1

2016年1月9日放送の『サタデープラス』で、1杯のコーヒーで悪玉コレステロールが減るが放送されていました。コーヒーに含まれるクロロゲン酸に、プラークを減らす働きがあるとのこと。

前にもコーヒーでコレステロールが減ると記事を書いたのですが、今回はまた別の角度から迫ってみたいと思います。

サタデープラスの内容に、自分で調べたことをまとめてみました。

スポンサーリンク

コーヒーの有効成分とは?

コーヒーには、『クロロゲン酸』や『カフェ酸』、『キナ酸』などの成分が含まれています。

いずれもポリフェノール化合物の仲間であり、カフェ酸とキナ酸が結合すると、クロロゲン酸となります。

カフェ酸 + キナ酸 = クロロゲン酸

コーヒーの健康効果とは?

コーヒーに含まれるクロロゲン酸などのポリフェノール化合物は、プラークが作られるのを抑える働きがあります。

プラークとは?

プラークとは、血液中に悪玉コレステロールが増えて血管壁内に溜まりコブとなったもの。プラークが破れると、血栓が作られて血管が詰まります。

例えば、血管が詰まる場所が心臓の冠動脈などで起こると、心筋梗塞となります。

また、心臓から出発する太い血管で、頸動脈と言われる血管があります。日本人60歳代の2人に1人は、頸動脈にプラークを持っていると言われています。

2人に1人とはすごく高い確率ですね。

スポンサーリンク

コレステロールは肝臓で多くつくられる。

liver

血液検査で注目してほしいのは、コレステロールの値です。

血管老化の原因は、悪玉コレステロール(LDL)と言われるコレステロールが関与しています。

コレステロールが体の中に作られるルートは、2通りあります。

1つ目は、食事に含まれるコレステロールが吸収されるものです。その割合は30%程度です。

2つ目は、肝臓で作られるものです。その割合は70%程度です。

コレステロールの作られる割合

30% 食事から吸収されるもの
70% 肝臓で作られるもの

ということは、いくらコレステロールを摂らない食事を気をつけていても、なかなかLDLコレステロールの値が減らないということにもなりえます。肝臓で作られることを考えなくてはいけないんですね。

肝臓は、コレステロールを色々な材料からつくる。

肝臓でコレステロールが作られるのですが、その材料はコレステロールでなくてもいいんです。炭水化物、タンパク質、脂質でも全部同じ原料として、コレステロールの合成に使われます。

炭水化物 コレステロール
タンパク質
脂質

例えば、コレステロールが全く含まれていない食品の納豆でも、お腹いっぱいまで食べてしまうと、肝臓で悪玉コレステロールを作る材料となります。

悪玉コレステロールを抑える一番大事なことは、腹八分目です。

カロリーを摂りすぎない。これが一番です。

コーヒーのクロロゲン酸のサプリ

Amazonで2016年1月現在、約2,000円で販売されています。

コーヒーの苦みが嫌で飲めない、だけど有効成分は摂りたいという方におすすめです。

サプリメントなら、食後や気が付いたときに手軽に飲めますよね。

まとめ

  • コーヒーには、クロロゲン酸などのポリフェノール化合物が含まれています。
  • ポリフェノール化合物は、プラークが作られるのを抑える働きがあります。
  • コレステロールは、肝臓で約70%作られる。

スポンサーリンク

サタデープラスの放送日順の全記事リストあります。

他のサタデープラスの記事をお探しの方は、上記のリンクが便利です。

お時間を使って、最後まで記事を読んで頂いて、ありがとうございました。
少しでも良いなと思える内容はありましたか?
シェアボタンを押して頂けると、記事を書く励みになります(^^)
サタデープラス 血管のプラークは、コーヒーのクロロゲン酸で減少
【健康ワンポイント】の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!