市販薬で税金が安くなるお得な制度 セルフメディケーション税制とは?

セルフメディケーション税制2

「市販薬で税金が戻ってくる制度があるってホント?」

「どんな薬でお金が戻ってくるの?」

「セルフメディケーション税制って、どのくらいお得な制度なの?」

など色々と知りたいことがあると思います。

今回は、市販薬で税金が安くなるお得な制度【セルフメディケーション税制】についてまとめてみました。

スポンサーリンク

セルフメディケーション税制とは?

スイッチOTC薬控除1

厚生労働省HPより引用

セルフメディケーション税制を簡単にいうと、市販薬を買った金額が年間1万2000円を超える場合には、その超えた分に関して所得金額から控除ができる仕組みです。【スイッチOTC薬控除】とも呼ばれます。

セルフメディケーションを勧める目的で、2017年(平成29年度)より開始される制度です。この制度を導入することで、病院に行く回数を減らし、医療費の削減につなげることが期待されています。

ちなみに、セルフメディケーションとは、

  • セルフ=自分で
  • メディケーション=投薬

つまり、自分の健康や服薬については、自分で判断・管理して治療するという意味合いになります。

対象となる薬はどれ?

主にスイッチOTC医薬品と呼ばれる分類の薬が対象となります。

スイッチOTC薬とは、医師が処方せんを発行し医療用医薬品として使われていた成分の薬が、薬局やドラッグストアなどで一般の方でも購入できるようになった薬のことです。医療用から一般用に切り替わった(スイッチ)した薬です。

OTCとは、Over The Counter(オーバー・ザ・カウンター)の略で、薬局やドラッグストアなどお店のカウンター越しに買うことができる薬。なので、OTC薬と呼ばれます。

平成28年度の3月31日で、スイッチOTC医薬品の有効成分は82種類になります。

具体的には、

  • フェキソフェナジン(アレグラ)
  • エピナスチン(アレジオン)
  • ファモチジン(ガスター)
  • ロキソプロフェン(ロキソニン)

などがあります。

【第2類医薬品】アレグラFX 28錠 ※セルフメディケーション税制対象商品

今後は、薬のパッケージに【セルフメディケーション税制対象薬】【スイッチOTC薬控除対象薬】などとわかりやすい記載がされることになります。

どれくらいお得になるの?

厚生労働省発表の資料によると、課税所得400万円の方が、スイッチOTC薬を年間2万円購入した場合は、所得税が1600円、個人住民税が800円の節税効果があるとされています。

でも、課税所得が400万円よりも多い場合や少ない場合は、どうなるのでしょうか?

所得税を元に考えてみましょう。

課税所得と所得税率の表

課税される所得金額 税率
195万円以下 5%
195万円を超え 330万円以下 10%
330万円を超え 695万円以下 20%
695万円を超え 900万円以下 23%
900万円を超え 1,800万円以下 33%
1,800万円を超え 4,000万円以下 40%
4,000万円超 45%

国税庁HPの資料を基に作成

例えば、スイッチOTC薬控除の対象薬を年間22,000円購入したとします。

控除できる金額は、22,000円-12,000円=10,000円です。

  • 課税所得が200万円の方は、10,000円(控除額)×0.1(所得税率)=1,000円
  • 課税所得が600万円の方は、10,000円(控除額)×0.2(所得税率)=2,000円
  • 課税所得が800万円の方は、10,000円(控除額)×0.23(所得税率)=2,300円
  • 課税所得が1000万円の方は、10,000円(控除額)×0.33(所得税率)=3,300円

つまり、課税所得が多い方にとっては、スイッチOTC薬控除はよりお得な制度となるということですね。今回は、所得税だけに絞って考えてみましたが、実際には住民税に関する節税部分もあります。

スポンサーリンク

現在の医療費控除制度との比較

医療費控除

(現行制度)

セルフメディケーション税制

(スイッチOTC薬控除)

対象となる支出 入院

通院

出産

医薬品購入

など幅広い支出

スイッチOTC対象薬のみ
年間支出 10万円以上 1万2000円を超える分
最高限度額 200万円 8万8000円
必要書類 領収書など 領収書+健康診断の結果など

※医療費控除かセルフメディケーション税制かをどちらか一つ選んで適用する。両方の制度を同時に使用することはできません。

医療費控除

現在、医療費に関する控除は【医療費控除】と呼ばれる仕組みがあります。

医療費控除は、医療費が年間10万円を超える分は所得から控除できる制度です。

対象となるのは、

  • 入院費
  • 通院費
  • 出産にかかる費用
  • 医薬品の購入費

など、市販薬のみならず、医療に関する幅広い支出になります。

セルフメディケーション税制

それに対して、セルフメディケーション税制(スイッチOTC 薬控除)は、対象となるのはスイッチOTC医薬品のみで、年間1万2000円分を超える分に関して所得から控除できます。

つまり、市販薬を買う機会が多い人にとってはお得な制度になります。

セルフメディケーション税制利用の注意点3つ

1.セルフメディケーション税制は、金額に上限があります。

セルフメディケーション税制の上限金額は、8万8000円です。この金額を上回っても、それ以上控除を受けることができないので注意が必要です。

2.健康に対する取り組みをしていることが必要です。

具体的には、健康診断や予防接種、特定健康診査などです。

どの検査をどのくらいの頻度を行えばよいかなどは、追々発表されてくることでしょう。

少なくとも、今現在わかることは健康診断などを全く行っていなくてセルフメディケーション税制の制度を利用することは難しいと思われます。

3.セルフメディケーション税制を受けるには、確定申告が必要です。

サラリーマンの方は、会社に書類を提出して終わりではなくて、税務署や確定申告の会場、Web上で確定申告の手続きが必要です。

その際に必要なものとしては、

  • スイッチOTC薬を購入した領収書
  • 健康に対する取り組みをしていることの証明書(健康診断結果)

などが必要になると思います。

この制度を利用する予定がある方は、必要な書類をなくさずに保管しておきましょう。

まとめ

  • セルフメディケーション税制とは、対象薬を年間1万2000円以上購入した場合受けられる控除制度。
  • すべての市販薬が対象ではなく、一部の市販薬が対象。
  • 制度を利用するのには、領収書だけではなく、健康診断の結果なども必要。

スポンサーリンク

他の記事へのリンク

薬の正確な情報の宝庫 【添付文書】との付き合い方とは?

抗生物質の強さ比較 抗菌力はどの種類の抗生物質が一番強いのか?

アレルギー薬の強さ比較 ランキングとグループ分け

お時間を使って、最後まで記事を読んで頂いて、ありがとうございました。
少しでも良いなと思える内容はありましたか?
シェアボタンを押して頂けると、記事を書く励みになります(^^)
市販薬で税金が安くなるお得な制度 セルフメディケーション税制とは?
【健康ワンポイント】の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!