ノロウイルスの消毒液 キッチンハイターの濃度は?どう作るの?

エタノール

ノロウイルスの消毒液は、ペットボトルでキッチンハイターの濃度を調節すれば、簡単に作れます。アルコール消毒が無効なやっかいなノロウイルスに対して、いざというときに覚えていくと役立ちますよ。

まずは、ノロウイルスの消毒方法全般から見ていきましょう。

スポンサーリンク

ノロウイルスの消毒方法は?

  • 熱湯(85℃以上)で、1分以上の加熱。
  • もしくは、次亜塩素酸ナトリウムが推奨されています。

熱による消毒も有効なので、熱湯を用いたり、アイロンを用いて85℃以上で加熱消毒をする方もいるみたいです。

次亜塩素酸ナトリウムは、よく漂白剤(ハイター)に含まれている成分です。市販品は約5%程度の濃度であることが多いので、ペットボトルを上手に利用して薄めて使います。

2L、500mlのペットボトルを用いたノロウイルス消毒液の作り方

0.1%次亜塩素酸ナトリウム

(1000ppm)

0.02%次亜塩素酸ナトリウム

(200ppm)

濃度 濃い 薄い
使用場所 床の嘔吐物

嘔吐物が付着したもの

嘔吐物を拭き取った後の床

トイレの便座など

 作り方  500ml空のペットボトルに、

ペットボトルキャップ2杯(10ml)の漂白剤を入れ、

水を入れて500mlにする。

 2L空のペットボトルに、

ペットボトルキャップ2杯(10ml)の漂白剤を入れ、

水を入れて2Lにする。

接触時間 30分 30分

作り方は、目安になります。

自分で作る際は、元の漂白剤に使われている濃度をご確認ください。

次亜塩素酸ナトリウムは、場所によって使用する濃度も変わります。

直接ふりかける際は濃度が濃い物を、一度拭き取った後には濃度が薄いもので大丈夫です。

スポンサーリンク

ノロウイルスにアルコール消毒は効果があるの?

結論から言うと、ノロウイルスにアルコール消毒は無効です。

以前、アルコール消毒が手洗いと99%同じような効果を持つと書いていましたが、今回このノロウイルスに対しては無効なので残念ですね。

なぜ、アルコール消毒は無効になってしまうのでしょうか?

それは、ノロウイルスはエンベロープを持たないからです。

エンベロープって何?

エンベロープというのは、ウイルスの外側の膜に相当するものです。

普通ウイルスは、エンベロープを持っていて、それに対してアルコールが作用してエンベロープ構造を破壊して、その結果ウイルスをやっつける作用を持ちます。

例えるならば水風船の風船部分です。針で刺すと中身の水が飛び出てきてしまいますよね。それと同じようなことがウイルスの世界でも起こっています。

でも、エンベロープを持たないとしたらどうでしょうか?アルコールはエンベロープに働きかけることが出来ないため、十分な効果を発揮することができんません。

ノロウイルスって手ごわい奴ですね。

まとめ

  • ノロウイルスの消毒方法は、加熱もしくは次亜塩素酸ナトリウムを使う。
  • ノロウイルスの消毒液は、ハイターを希釈してつくる。ペットボトルを用いると簡単。
  • ノロウイルスにアルコール消毒は無効。

スポンサーリンク

お時間を使って、最後まで記事を読んで頂いて、ありがとうございました。
少しでも良いなと思える内容はありましたか?
シェアボタンを押して頂けると、記事を書く励みになります(^^)