ニューキノロン系抗生物質の一覧 どんな病気のときに使われるの?

ニューキノロン系抗生物質

「ニューキノロン系抗生物質ってどんな抗生物質なの?」

「ニューキノロンってニューって着くから、新しい抗生物質なの?」

「どんな病気の時に、ニューキノロン系抗生物質が処方されるの?」

など、抗生物質で気になることが多いと思います。

今回は、ニューキノロン系抗生物質の一覧と特徴についてまとめてみました。

病院でもらうことが多いのは、第4グループのクラビットなどになると思います。

スポンサーリンク

ニューキノロン系抗生物質の特徴

  • 元々、グラム陰性菌に対して抗菌力がある。
  • グラム陽性菌に対しても、抗菌力があるように開発されてきた。
  • ニューキノロン系の抗生物質は、おおまかに4つのグループに分けられる。
  • 呼吸器感染症から膀胱炎まで幅広く使われる。

グラム陽性菌と陰性菌の分類の仕方と、引き起こす病気については

グラム陽性菌と陰性菌の違いは何? 

の記事でまとめています。

ニューキノロン系のグループ

第1グループ(オールドキノロン)

  • ナリジクス酸(商品名:ウイントマイロン)NA
  • ピロミド酸(商品名:パナシッド)PA
  • シノキサシン(商品名:タツレキシン)CINX

グラム陰性菌に有効。陽性菌に無効。緑膿菌には弱い。

第2グループ(オールドキノロン)

  • ピペミド酸(商品名:ドルコール)PPA

グラム陰性菌に有効。陽性菌に無効。緑膿菌にも有効。

スポンサーリンク

第3グループ(ニューキノロン)

  • ノルフロキサシン(商品名:バクシダール)NFLX
  • オフロキサシン(商品名:タリビッド)OFLX
  • エノキサシン(商品名:フルマーク)ENX
  • シプロフロキサシン(商品名:シプロキサン)CPFX
  • ロメフロキサシン(商品名:バレオン、ロメバクト)LFLX
  • フレロキサシン(商品名:メガロシン)FLRX

第3グループ以降のキノロン系抗生物質をニューキノロン系という。

グラム陽性菌と陰性菌に有効。緑膿菌にも有効なものがある。

第4グループ(レスピラトリーキノロン)

薬2

  • トスフロキサシン(商品名:オゼックス、トスキサシン)TFLX
  • レボフロキサシン(商品名:クラビット)LVFX
  • スパルフロキサシン(商品名:スパラ)SPFX
  • ガチフロキサシン(商品名:ガチフロ)GFLX
  • モキシフロキサシン(商品名:アベロックス)MFLX
  • ガレノキサシン(商品名:ジェニナック)GRNX
  • シタフロキサシン(商品名:グレースビット)STFX

グラム陽性菌と陰性菌に有効。緑膿菌にも有効なものがある。

レスピラトリーキノロンとは、呼吸器の感染症治療(肺炎など)に使われることが多いキノロン系抗生物質のことを言う。

呼吸器領域だけでなく元々はグラム陰性菌に有効なので、膀胱炎などの泌尿器感染症でも頻繁に使われる。

まとめ

  • ニューキノロン系抗生物質は、グラム陽性菌と陰性菌に幅広く有効な抗生物質。
  • 呼吸器領域で使われることが多い物を、レスピラトリーキノロンという。
  • 肺炎や膀胱炎など幅広い病気に使われる抗生物質。

スポンサーリンク

他の記事へのリンク

抗生物質の種類5つ 病院でよくもらう抗生剤

ニューキノロン系抗生物質の副作用は、どんなものがあるの?

抗生物質の強さ比較 抗菌力はどの種類の抗生物質が一番強いのか?

お時間を使って、最後まで記事を読んで頂いて、ありがとうございました。
少しでも良いなと思える内容はありましたか?
シェアボタンを押して頂けると、記事を書く励みになります(^^)
ニューキノロン系抗生物質の一覧 どんな病気のときに使われるの?
【健康ワンポイント】の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!