片頭痛の予防薬一覧 病院で処方される薬のまとめ

片頭痛の予防薬

「片頭痛の予防薬ってどんなものがあるの?」

「病院で薬をもらったけど、どんなものなのか知りたい。」

など、頭痛と薬って色々と気になると思います。

今回は、片頭痛の予防薬についてまとめてみました。

スポンサーリンク

片頭痛の予防薬は、5種類

病院で処方される片頭痛の予防薬は、大きく分けて5種類です。

  • カルシウム拮抗薬
  • βブロッカー
  • 抗てんかん薬
  • 抗うつ薬
  • 高血圧薬(ARB)

片頭痛の予防専用のものや、通常は他の病気の時に使うんだけど、片頭痛の予防にも使うというものがあります。

カルシウム拮抗薬

カルシウム拮抗薬

  • ロメリジン(商品名:ミグシス、テラナス)
  • ベラパミル(商品名:ワソラン)

薬の効き方

血管の収縮や拡張には、実は血液中のカルシウムが関わっています。

カルシウム拮抗薬というのは、筋肉へのカルシウムの取り込みをブロックすることで、血管が収縮するのを防ぎます。その結果、効果を発揮します。

カルシウムの取り込みに関わるとのことで、骨の密度が弱くなると思う人がいるかもしれません。

しかし、実際はそんなことはありません。

日本高血圧学会の発表資料を見てみると、骨密度を低下させるどころか、むしろ増加する場合すらあるとのことです。

ミグシスやテラナスは、片頭痛の予防の専門薬です。

他の病気で使われることはまずありません。

ワソランは、狭心症や不整脈の治療、または群発頭痛の予防薬として使われることもあります。

副作用

めまいや顔のほてりなどがあります。

βブロッカー

βブロッカー

  • プロプラノロール(商品名:インデラル、セロケン)
  • アテノロール(商品名:テノーミン)
  • メトプロロール(商品名:ロプレロール)

薬の効き方

体の中にあるβ(ベータ)受容体は、交感神経の興奮に関わっています。

そのβ受容体をブロックすることで、血圧を安定させたり、心臓の動きを穏やかにする効果を発揮します。

副作用

徐脈、めまいなどがあります。

スポンサーリンク

抗てんかん薬

抗てんかん薬

  • バルプロ酸(商品名:デパケン、セレニカ、バレリン)
  • トピラマート(商品名:トピナ)

薬の効き方

抗てんかん薬には、脳の中の異常興奮や電気刺激を抑える働きがあります。

副作用

肝機能障害や貧血などが報告されています。

抗うつ薬

抗うつ薬

  • アミトリプチリン(商品名:トリプタノール)
  • イミプラミン(商品名:トフラニール)
  • トラゾドン(商品名:デジレル、レスリン)
  • フルボキサミン (商品名:デプロメール、ルボックス)
  • パロキセチン (商品名:パキシル)
  • セルトラリン (商品名:ジェイゾロフト)

薬の効き方

抗うつ薬は、神経伝達物質を調節する働きがあります。

片頭痛は、神経伝達物質のセロトニンと関わりが深いです。

抗うつ薬を飲むことで、その活性を調節します。

副作用

眠気、口渇などがあります。

高血圧薬 ARB

高血圧薬 ARB

  • カンデサルタン (商品名:ブロプレス)
  • オルメサルタン (商品名:オルメテック)

薬の効き方

高血圧の治療薬の中で、ARB(アンギオテンシンⅡ受容体阻害薬)という種類の薬は、臓器の保護作用があることが知られています。

血圧の調節や臓器を守る働きを期待して、片頭痛の予防薬として使われることがあります。

副作用

血管浮腫や肝機能障害などが報告されています。

他の頭痛記事のリンク

片頭痛の治療薬一覧 病院でもらう頭痛薬はどんなものがある?

薬じゃないのに、頭痛が改善する健康食品【ずきしらずの実】とは?

当てはまったら要注意! 頭痛薬の飲みすぎと薬物乱用頭痛

など、色々と記事があります。

是非ご覧ください。

まとめ

  • 片頭痛の予防専門の薬は、ミグシスとテラナスだけ。
  • 脳に作用する薬や、血圧に作用する薬は片頭痛の予防薬として使われることがある。

スポンサーリンク

お時間を使って、最後まで記事を読んで頂いて、ありがとうございました。
少しでも良いなと思える内容はありましたか?
シェアボタンを押して頂けると、記事を書く励みになります(^^)
片頭痛の予防薬一覧 病院で処方される薬のまとめ
【健康ワンポイント】の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!