片頭痛の特徴3つ こめかみの痛みの他にどんなものがあるの?

片頭痛の特徴

「私、頭のこめかみ部分が痛いから片頭痛かも…。」

「片頭痛なのか、普通の頭痛なのかよく分からない…。」

など、頭痛はあるけど、これが片頭痛かわからないで困っている人はいませんか?

今回の記事では、片頭痛の特徴についてまとめてみます。

スポンサーリンク

片頭痛の特徴

頭痛2

  • ひと月のうち1、2回強い頭痛が起こる。
  • 一度痛みが起こると、数時間から最大3日間くらい痛みが続く。
  • 頭の片方だけがズキズキと痛くなることが多い。

一度痛みが起こると、生活に支障をきたすくらい強い頭痛です。

何ヶ月も前から旅行の計画を立てていても、当日片頭痛の痛みによって、泣く泣くキャンセルせざるを得ない場合などもあります。

痛みが続く時間は、4時間から最大72時間程度と長めです。

1ヶ月の間に1~3回繰り返すことがあります。

血管の拡張が痛みの原因なので、脈を打つようにドクンドクンとした痛みが出ます。

痛みが起こる場所は、頭のこめかみ部分の右側だけが左側だけのことが多いです。

しかし、時によっては両側どちらも痛くなることもあります。

スポンサーリンク

痛み以外の特徴

吐き気1

  • 頭痛とともに、吐き気が出ることがある。
  • 光や音の刺激によって、頭痛がひどくなったりする。
  • 頭痛が起こる前兆で、ギザギザとした光が見える閃輝暗点がある。

頭痛以外の症状として、吐き気、嘔吐を伴うことがあります。

さらに、光や音の刺激に敏感になることがあります。

朝起きる時に、日光が刺激となって頭痛が起きるケースもあります。

それを避けるために、カーテンを開けてすぐに太陽を見ない等気をつけた方がいいです。

片頭痛は20代から40代の女性に多いです。

30代女性のおよそ20%が片頭痛持ちです。

女性に多い理由は、女性ホルモンも関係しているからです。

女性ホルモンと片頭痛の関係 生理前に決まって頭が痛くなるのはなぜ?

上記で説明している通り、女性ホルモンによって、血管が広がりやすくなります。

片頭痛と緊張型頭痛の見分け方

  • お風呂に入ると、頭痛が悪化する。
  • 運動時に、頭痛が強くなる。
  • お辞儀をしたときに、頭痛が悪化する。

お風呂に入ったり、運動をすると血行がよくなり、血管が広がります。

その結果、片頭痛持ちの人は、頭痛症状が悪化してしまいます。

体を温めることは、頭痛時には行わないようにしましょう。

また、お辞儀をして痛くなるというのは、お辞儀をすると頭に血液が集まりやすくなります。

その結果、血管が広がり片頭痛が強くなります。

仕事などで、しなければいけない時は仕方ないですが、無理に頭に血が集まるような姿勢をとらないようにしましょう。

他の頭痛記事のリンク

見落とさないで! 危険な頭痛のサイン一覧 この症状が出たら、すぐに病院へ

薬じゃないのに、頭痛が改善する健康食品【ずきしらずの実】とは?

すぐに実践!なぜ、片頭痛はスイカと缶コーヒーで予防できるのか?

など、色々と記事があります。

是非ご覧ください。

まとめ

  • 片頭痛は、月に1回程度、片方のこめかみ部分がズキズキと痛むことが多い。
  • 頭痛とともに吐き気も出やすい。
  • 血行をよくすることをすると、片頭痛は悪化する。

スポンサーリンク

お時間を使って、最後まで記事を読んで頂いて、ありがとうございました。
少しでも良いなと思える内容はありましたか?
シェアボタンを押して頂けると、記事を書く励みになります(^^)