便秘薬 酸化マグネシウムの飲み方4つのコツ より効果的に効かせるためには?

酸化マグネシウム飲み方のコツ

「酸化マグネシウムを飲むときのコツとかあるの?」

「薬の効果が十分に発揮されるように気をつけることってある?」

「どういう点に気をつけて薬を飲んだらいいの?」

など、色々な疑問があると思います。

今回は、便秘薬の酸化マグネシウムの飲み方のコツについてまとめてみました。

スポンサーリンク

酸化マグネシウムの飲み方のコツ

ポイント2

この薬を飲むときのコツは、4つあります。

  • いつも以上に水分補給を心掛ける。
  • 効果が出るまで時間がかかる場合がある。
  • 1日3回飲んでみる。
  • 大腸刺激性下剤と飲むときは、時間を空ける

水分補給が必要な理由

酸化マグネシウムは、非刺激性の塩類下剤で便を柔らかくする効果があります。

便を柔らかくする効果は、浸透圧の差によって周りから水を集めてきます。

このとき、大切なのは腸の中に集めるだけの水があるようにすることです。便の周りに十分な水がなければ水を集めることができません。そうなると、せっかく薬を飲んでいるのにも関わらず、便が柔らかくなりません。

従って、腸の中に水分があるようにするために、水分補給が大切なのです。1日に必要な水分量は1.5〜2リットルです。

【関連記事】冷水と白湯の比較 水で便秘を解消するには、どちらが効果があるの?

効果が出るまでの少し時間がかかる

酸化マグネシウムは、非刺激性の薬なので服用してすぐに効果が現れない人がいます。

通常の人が酸化マグネシウムを飲むと、4~6時間で効果が期待できます。しかし、あまりに便が硬い人は、便がやわらかくなるまで、それよりもちょっと時間がかかります。しかし、飲む前と飲んだ後で比べると便の柔らかさは確実に変わってきています。

酸化マグネシウム服用時のイメージ

  • 薬を飲む前 すごく硬い便
  • 服用1日目 硬い便
  • 服用2日目 ちょっと硬い便
  • 服用3日目 普通の便

人によっては、1回目の服用から効果が実感できる人もいるし、何日か経過してから効果を実感する人もいます。効かないからとすぐに止めずに、継続して飲んでみましょう。

スポンサーリンク

1日3回飲んでみる。

酸化マグネシウムの飲み方は、1日3回飲むかもしくは1日1回寝る前に飲むかの2通りがあります。どちらの飲み方でも良いのですが、効果不十分な方は1日3回飲んだ方が良いです。

その理由は、酸化マグネシウムの効き方にあります。

酸化マグネシウムは、食べ物のカスと混ざって周りから水を集めるようにして便をやわらかくします。なので、薬の有効成分が食べ物のカスと混ざっている状態の方が、より効果を発揮しやすいのかなと思います。

無論、1日1回寝る前で効果が出ている場合には、特に気にする必要はなく、そのまま続けて頂ければと思います。

大腸刺激性下剤と飲む時は時間を空ける

便秘がなかなか解消しない人は、酸化マグネシウムとコーラックなどの大腸刺激性下剤などを一緒に飲む方もいます。このときに注意すべきなのが、酸化マグネシウムと大腸刺激性下剤を同時に服用することです。腹痛などの副作用が起きやすくなります。

その理由は、酸化マグネシウムは胃酸を中和する胃薬としての作用もあるからです。胃酸が中性や弱アルカリ性に傾くと、大腸刺激性下剤のコーティングがはがれて有効成分が溶け出して、刺激成分が胃を刺激して痛みが生じます。

どちらのお薬も1日1回で寝る前で飲むことがあります。同時に服用して、毎回腹痛が起きるなどの症状があるときは、服用する間隔を2〜3時間空けると良いです。

【関連記事】便秘薬 コーラックなどの大腸刺激性の下剤ってどんな薬なの?

まとめ

  • 酸化マグネシウムを飲むときは、水分補給を心がける。
  • 1日1回で効かないときは1日3回に分けてみる。
  • 大腸刺激性下剤と飲むときは、2〜3時間空けて飲むのがおすすめ。

スポンサーリンク

他の記事へのリンク

便秘でお悩みの方にオススメ 5種類の乳酸菌サプリメント「カルグルト」とは?

便秘薬 酸化マグネシウムのまとめ 市販品、副作用、他の薬との飲み合わせとは? 

下剤の種類一覧 イメージ図ありで、病院でもらう薬がよくわかる。

お時間を使って、最後まで記事を読んで頂いて、ありがとうございました。
少しでも良いなと思える内容はありましたか?
シェアボタンを押して頂けると、記事を書く励みになります(^^)
便秘薬 酸化マグネシウムの飲み方4つのコツ より効果的に効かせるためには?
【健康ワンポイント】の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!