インフルエンザの初期症状 風邪との違い ポイント7つ

熱

インフルエンザと風邪の初期症状って似ていますよね。

熱が出たり、鼻水が出たり…。

でも、治療法が違うからインフルエンザなら、すぐに病院にかかりたい。

その違いをまとめてみました。

スポンサーリンク

インフルエンザと風邪の違いの一覧

症状 インフルエンザ 風邪
1 40℃近く 37~38℃位
2 寒気 強い 弱い
3 関節痛 あり なし
4 症状の進み方 急激 ゆっくり
5 鼻水、セキ 後から出る 最初から出る
6 倦怠感 あり なし
7 食欲不振 あり なし

個人差があるので一概には言えませんが、こんな感じになると思います。

1.熱

インフルエンザは高熱が出ます。40℃近くの高熱になることも珍しくないので、クラクラして立っていられないという方も出てきます。

それに対して、風邪の方は平熱よりも少し高い程度の熱が出ることが多いです。

このような高熱にならないためにも、しっかりと予防接種をしておきたいですね。

2.寒気

インフルエンザは強烈な寒気が出ます。寒気が出るというのは、後に熱が上がるサインになるので、最初に寒気を感じてその後熱がでます。

それに対して、風邪は高熱にならないときは、強烈な寒気を感じることはまれです。

3.関節痛

インフルエンザは肘や膝などの体の節々に痛みが出ます。これは体がウイルスと戦う免疫反応の結果として、引き起こされるものと考えられています。

それに対して、風邪はめったに関節痛を訴えることはありません。

4.症状の進み方

インフルエンザは、急激に症状が進みます。具体的には1~2日のうちに突然熱が上がったり、倦怠感が起こったりします。

それに対して、風邪は徐々に症状が進んで、その後から熱が出てきます。

スポンサーリンク

5.鼻水とセキ

インフルエンザは、最初に熱が上がってその後から鼻水やセキが出ることが多いです。2次的に症状が出てきます。

それに対して、風邪は最初に鼻水やセキが出ることが多くて、その後から熱が出てきます。

鼻水やセキをした後は、手にウイルスが着いています。しっかりとした手洗いで洗い流しましょう。

6.倦怠感

インフルエンザは、倦怠感がでることが多いです。

それに対して、風邪は倦怠感を感じることは少ないです。

7.食欲不振

インフルエンザは、食欲不振になることもあります。全身症状が出るのもインフルエンザの特徴なのです。

それに対して、風邪は初期の段階から、食欲不振を感じることは少ないです。

まとめ

インフルエンザの典型的な初期症状を書いて見ますと、こんな感じになります。

ここ1~2日以内で強烈な寒気に襲われて、その後、急激な40℃近くの発熱があった。

関節痛と全身倦怠感もある。鼻水とセキの症状は、最初はなかったけど、後に出てきた。

このような症状がある場合は、直ちに医療機関を受診することをお勧めします。

スポンサーリンク

お時間を使って、最後まで記事を読んで頂いて、ありがとうございました。
少しでも良いなと思える内容はありましたか?
シェアボタンを押して頂けると、記事を書く励みになります(^^)
インフルエンザの初期症状 風邪との違い ポイント7つ
【健康ワンポイント】の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!