ためしてガッテン 咳の見分け方と止め方。はちみつで咳が止まる。

2016年2月3日に『ためしてガッテン』で、咳の見分け方と止め方SPが放送されます。

安全な咳と危険な咳の見分け方は、口から出る「あるもの」と含ませた言い方をしています。

あと、はちみつが咳の軽減に役立つ様子。

咳の対処方法は、是非知りたいですよね。

なお、この記事の執筆は放送前の2月1日です。

実際の放送内容を予測して記事を書いています。

放送後に、記事を加筆いたします。

スポンサーリンク

口から出るあるものとは?

見分け方

咳の見分け方でポイントになる口から出るあるものとは、ずばり『タン』だと思います。

タンの色で、咳の危険度を判別基準にしていくのではと予想します。

タンの色 原因と予想される病気
黄色いタン 細菌感染症によるもの。細菌を外に追い出すため

→ 風邪、インフルエンザなど。

血の混じるタン 肺の組織が傷ついて出血するため。

→ 肺がん、結核、肺炎など。

透明~白いタン

(タンがドロドロ

体の腺組織などから分泌されるもの。

ウイルス性感染によるものが多い。

→ マイコプラズマ肺炎、慢性閉塞性肺疾患など。

透明~白いタン

(タンがサラサラ

血液の成分が染み出してきたもの。

タンが出ない場合もある。

→ 気管支喘息、アレルギー性咳嗽

この中で安全な咳と危険な咳の原因を分類してみると…。

比較的安全と思われる咳

黄色いタンと透明~白いタン(タンがドロドロ)は、感染症が原因ものが多いと考えられます。したがって、感染症が治れば咳も自然におさまるので、治療をしっかりすれば大丈夫と判断されるでしょう。

危険な咳

血の混じるタンや透明~白いタン(タンがサラサラ)、もしくはタンが出ない咳は、肺がんやアレルギー性の咳の可能性があり、治療の必要性が高く危険と判断されるでしょう。

中枢気道と末梢気道とは?

Central airway

図はイメージなので、本来の場所ではありません。

空気が通る管を気道といいます。

気道は、中枢気道と末梢気道に分けられます。

中枢気道とは?

気道の直径が2mm超のものを中枢気道といいます。

中枢気道内に異物が侵入してくると、『咳反射』によって体の外に出そうとします。

末梢気道とは?

気道の直径が2mm以下のものを末梢気道といいます。

末梢気道内に異物が侵入してくると、粘液で絡めとり繊毛運動によって、中枢気道まで運びます。

スポンサーリンク

長引く咳の原因とは?

レントゲンなどで異常がないのに、8週間以上咳が続くと、『慢性咳嗽』と診断されます。

肺がんや肺結核の可能性もあるので、呼吸器を専門とする病院を受診することをおすすめします。その中で有名な疾患としては、咳喘息、アトピー咳嗽、副鼻腔気管支症候群の3つがあります。咳喘息もアトピー咳嗽もどちらもなんらかのアレルギーが関与しています。

咳喘息とは?

Cough asthma1

症状

夜寝る前や朝方の時間に、気管支平滑筋が収縮し慢性的に咳が出ます。

気管支喘息と異なり、胸がゼーゼーやヒューヒューといった喘鳴症状はありません。

タンはほとんど出ないです。出たとしても少量。

中枢気道から末梢気道にかけて病変がみられ、調べると好酸球が増加しています。

咳喘息の患者のおよそ3割が、のちに喘鳴症状が出現し、気管支喘息に移行します。

悪化する原因

急激な温度変化、たばこの煙、香料の刺激など。

治療

吸入ステロイド剤

内服ステロイド剤

抗アレルギー薬(抗ロイコトリエン薬)

気管支拡張剤

アトピー咳嗽

Atopic cough

症状

夜寝る前や朝方の時間に、咳受容体が刺激されて慢性的に咳が出ます。

アトピー性皮膚炎やアレルギー性鼻炎など、なんらかのアレルギー性疾患をお持ちの方がが発症しやすいです。

気管支喘息と異なり、胸がゼーゼーやヒューヒューといった喘鳴症状はありません。

中枢気道にのみに病変がみらます。

アトピー咳嗽は、気管支喘息に移行しません。

悪化する要因

飲酒、スギ花粉、急激な温度変化、たばこの煙、香料の刺激など。

治療

吸入ステロイド剤

内服ステロイド剤

抗アレルギー薬(抗ヒスタミン薬) →およそ6割の人に有効

気管支拡張剤は、アトピー咳嗽に無効です。

副鼻腔気管支症候群

Paranasal sinuses bronchus syndrome

症状

色の付いた湿ったタンと慢性的な咳が出ます。

副鼻腔炎+気管支炎など、副鼻腔と気管支に2つの範囲にまたがって、病巣が広がった場合です。

咳の症状に加えて、副鼻腔炎の症状も合わせて出ます。

副鼻腔炎の症状については、こちらの記事で書いています。

蓄膿症の治し方と鼻うがいの仕方とは?
鼻が詰まったり、嫌なにおいがしたり、鼻の周りが痛くなる蓄膿症。 正しい蓄膿症の治し方と鼻うがいの仕方を知ってい...

悪化する原因

運動や体を動かしているときに、呼吸困難になる場合があります。

鼻と肺に病気があるので、空気を上手く体の中に取り入れられないんでしょうね(^_^;)

治療

去痰剤

少量マクロライド系抗生物質(エリスロマイシン、クラリスロマイシン)

マクロライド系の抗生物質は、抗菌作用+抗炎症作用があります。

はちみつと咳

以前、駆け込みドクターで咳には、はちみつとコーヒーが有効と記事を書きました。

長引く咳を止めるにはコーヒーとはちみつが有効? 駆け込みドクター 
2015年11月22日放送『駆け込みドクター』運命を変える健康診断で、咳や喘息、呼吸器に関する特集をやっていました。 ...

この記事では、ステロイド治療と比較してはちみつコーヒーが有効と書いていました。

吸入ステロイドの治療を行うのは、気管支喘息、咳喘息、アトピー咳嗽などになります。

番組の流れの予想

前半で、タンによって咳喘息とアトピー咳嗽の見分け方を行います。

後半は咳喘息とアトピー咳嗽に該当する人は、はちみつが有効です。

…となるのではないかなと予想します。

今回の予想は、あまり自信がありません(^_^;)

実際の放送では

咳の出るメカニズムを紹介していました。

人には、咳センサーというものが付いています。

のどに異物が入ると、声門というものを閉じて横隔膜を上に上げます。

そうすると、気道の中の圧力が上がって咳が出ます。

タンから病気が分かる

透明 正常
あわ状 心不全
黄白色 後鼻漏
緑色 重い気管支の炎症

気管支肺炎で感染を伴うもの。

さび色 肺炎球菌性肺炎
白に赤い点 肺がん、肺結核など

心不全

肺が水がたまってしまい、それを外に出そうとするため、あわ状のタンが出る。

心不全の人は、横になって寝ると、心臓の手前の肺で血液が渋滞を起こす。その血液の水分が肺の内部に染み出してくる。

夜中に咳が激しく、起き上がると楽になる場合、あわのタンが出たら心不全の危険信号。

後鼻漏

副鼻腔炎で粘っこくなった鼻水が気道の方にも入ってしまう。後鼻漏という症状。

夜寝ている間にタンがたまるので、朝にまとまったタンが出る。

耳鼻科の受診がオススメです。

呼吸器のお医者さんの考え

呼吸器の医者が咳が出たら疑うのが、喘息、後鼻漏、逆流性食道炎の3つ。

逆流性食道炎で咳が出るのは、胃液が気管の中に入り、酸の刺激で咳が出るから。

タンが伴う咳は止めてはいけない。その原因を探り治療する。

タンを楽に出す技

大きく吸って、『パァッ』と言いながら息を吐き出す。

パフィングという名前です。この方法でタンをスムーズに出せます。

はちみつの使い方

お子さんには、はちみつをお湯で半分に割ったものを、スプーンで少しずつ飲むのがオススメ。ただ、1歳半未満のお子さんは、はちみつは食べてはダメです。

大人には、1杯のコーヒーに小さじ2杯のはちみつを入れたものを飲むと良い。

コーヒーに含まれるカフェインで呼吸が楽になる。

スポンサーリンク

お時間を使って、最後まで記事を読んで頂いて、ありがとうございました。
少しでも良いなと思える内容はありましたか?
シェアボタンを押して頂けると、記事を書く励みになります(^^)