熱中症の症状と飲み物について 知らないと損する経口補水液の特徴とは?

熱中症と飲み物

「気温が高くなると熱中症が心配。」

「熱中症の初期症状と対処法は?」

「熱中症になりにくい体作りにはどんなことをすればいいの?」

など、熱中症に関する疑問は様々です。

あなたがこの記事を読むことによって、熱中症の症状、対処法、経口補水液、熱中症と筋肉の関係など、今まで以上に熱中症に対して理解を深める手助けができればと思います。

スポンサーリンク

熱中症の症状は?

熱中症は、その重症度に応じてⅠ~Ⅲまでの3つの段階があります。

  • Ⅰ度の軽度症状は、現場で対処できるレベルです。
  • Ⅱ度の中程度の症状は、医療機関の受診が必要なレベルです。
  • Ⅲ度の重症度の症状は、入院が必要なレベルです。

症状によって、熱失神、熱痙攣、日射病、熱疲労、熱射病などと分類されることもあります。

熱中症Ⅰ度の症状

熱中症の中でも比較的症状が軽度と分類される症状には以下のものがあります。

  • めまい
  • 立ちくらみ
  • 生あくび
  • 大量の発汗
  • 筋硬直(こむら返り)

これは、熱い時に体を動かし血管が広がった結果、血圧が下がってしまい、めまいや立ちくらみの症状が起きたりします。また、大量の汗をかいて水分や電解質が急激に失われていった結果、手足の痙攣などの症状が起きたりします。

熱中症の症状のⅠ度とⅡ度の境目になるポイントは、意識障害があるかないかです。意識障害が伴う場合は、もう少し上の段階のⅡ度以上に分類されます。

Ⅰ度の症状だと、すぐに病院に行かなくてはということではなくて、その場での対処で大丈夫なレベルと考えられています。

具体的に言うと、

  • 直射日光が当たる暑い場所から、日陰で風通しの良い場所に移動する。
  • 水分と塩分を含む飲み物を飲む。
  • 体温が上昇している体を冷やす

などです。

熱中症Ⅱ度の症状

  • 頭痛
  • 吐き気
  • だるさ
  • 無気力感
  • 理解力の低下など

Ⅰ度の症状に加えて、上記の意識がもうろうとしたり、判断力の低下などの症状が出ることがあります。

このような状態だと、自分が今置かれている状態を理解することも難しいかもしれません。

例えば、『今、体が熱くなっている。涼しい日陰に行かなきゃ…。』と思ったとしても、うまく行動できないなど…。本人だけの力ではなく、周りの人が症状に気づいてあげて声をかけてあげるようにしたいですね。

熱中症Ⅱ度以上の意識障害を伴う症状が出た場合は、一度医療機関を受診して医師の診察を受ける事が望ましいです。

熱中症Ⅲ度の症状

  • けいれん
  • 運動障害
  • 意識障害
  • 内臓障害

Ⅰ度、Ⅱ度の症状に加えて、Ⅱ度よりも程度が強い意識障害や運動障害、さらには高体温によって臓器がうまく機能できなくなり、腎臓や肝臓、血液が固まる機能に異常が出ることもあります。

ここまでくるとかなり重症なので、すぐに救急車を呼ぶことが大切です。

熱中症対策の飲み物はどんなものが良いの?

経口補水液 オーエスワン 500mL

0.1%位の塩分を含んだ飲み物が勧められます。

具体的にいうと、経口補水液(けいこうほすいえき)のOS-1が一番適切です。

熱中症の時には、体からは水分と大量の電解質も失われています。

その電解質であるNa(ナトリウム)も一緒に補給する必要があります。

スポーツドリンクと経口補水液の違い

両者の違いを一言でいうと、経口補水液は下痢や嘔吐時でも電解質の吸収を高めるための工夫がされています。どちらにも、電解質や糖分が含まれています。しかし、その含まれる割合が異なります。

スポーツドリンク

スポーツドリンクの場合は、電解質が少なめで糖分が多め。

なので、口当たりがよく飲みやすいです。

熱中症ではない人が、水分補給のために補給する飲み物は、スポーツドリンクで十分です。

経口補水液

経口補水液の場合は、電解質が多めで糖分が少なめ。

健康な人は少ししょっぱく感じる人もいます。しかし、熱中症で電解質が不足している人が飲むと、美味しいと感じるようです。

なお、子供用の経口補水液もあるようです。

いざというときのために冷蔵庫にあると、すぐに飲ませることができて安心ですよね。

ベビーのじかん アクアライトりんご 500ml×24本

なぜ、塩分を補給せず水分だけではダメなのか?

熱中症では、水分と塩分の両方が失われます。

とりあえず水だけでも補給すれば大丈夫そうですが、なぜ塩分も補給する必要があるのでしょうか?

その理由は2つあります。

1.けいれんが起こりやすくなる。

体の中の塩分、ナトリウムが不足している状態では、普段なら何でもない刺激でもけいれんによる意識障害が起こりやすくなります。

これは、ナトリウムは細胞の動作のスイッチの働きをしていて、不足状態では体が誤作動をおこりやすくなるためです。

2.浸透圧の関係で水が排泄される。

体は、常に一定の浸透圧を保とうとする働きがあります。

そのため、水だけを大量に補給しても体の調節機構で利尿作用が働き、水を排泄してしまうのです。

例えるならば、体はいつも全く同じ味の濃さのお味噌汁を作る精密機械のようなものです。

濃度が薄ければ味を濃いようにするし、薄ければ濃くします。

お鍋のお味噌汁が少なくなった時に、水だけをドバっと多く入れたらどうなりますか?

味が薄くなりますよね。

それから同じ味にするには、味噌を足すか、水を捨てるかしかありません。

体でも同じことで、水を捨てて同じ味を保とうとします。

水分補給で、お茶などはどうなのか?

お茶やコーヒーには、カフェインが入っているので、あまり推奨されません。

カフェインには、利尿作用があり体の中にある水分を外に出す働きがあります。

せっかく、水分を補給しているのに体から出してしまうのでは意味がないですよね。

高齢者の中には、水分補給でお茶を飲む方がいらっしゃるようですが、それだけではちょっと心配だなと私は思います。

梅昆布茶などは、ノンカフェインで電解質の補給にもなるので、オススメですよ。

玉露園 梅こんぶ茶 お徳用スタンドパック 85g

熱中症時の体の冷やし方

熱中症のときには、体を冷やすのポイントは、太い血管がある部分を冷やすことが大切です。

首元、脇の下、足のつけ根など部分を冷やすと効率的に体温を下げることができます。

どのくらいの体温まで下げたらひと安心なの?

体温が38℃台までに下がってくると、ひと安心です。

39℃台の高体温の状態が続くと、熱中症分類でのⅡ度以上の症状が出るリスクが高くなります。なので、すみやかに38℃台まで体温をさげるようにしましょう。

病院だと、全身に氷水を接触させて素早く体温を下げる治療などもあるようです。

熱中症になりやすい人は?

  • 高齢者
  • 乳幼児
  • 体調がすぐれない人

が特に熱中症に注意が必要といいます。外気温が急激に高くなったときに、その温度変化にうまく対応できないことが多いからです。

高齢者の方の中には、外気温の変化に鈍感な人もいます。一人で暮らしをしていて、夏なのに冬物のジャンパーを着込んでいた人の話を聞いたことがあります。通常では考えられないですが、一人なので気づくことが難しいのかもしれません。

乳幼児は、体の機能が未発達の部分もあるため、温度調節が苦手な場合があります。夏の暑い日に、わずかな時間クーラーの切れた車の中にいて、熱中症の症状が出た子供のニュースを耳にしたことがあります。

体調が悪い人は、温度変化に対して通常では大丈夫な場合も、その時に限っては温度調節が苦手になる場合があります。また、持病で糖尿病や心臓に疾患がある場合も注意が必要です。

スポンサーリンク

熱中症と筋肉量の関係は?

意外かもしれませんが、実は熱中症と体の筋肉量には関係性があります。

筋肉は、水分を溜めることができるダムのような働きもしています。

筋肉がたくさんある人は、体に水分がたっぷりと蓄えられています。

具体的には、体重が60kgだと、約20Lの水が筋肉に貯められている事になります。

しかし、歳をとって筋肉が少なくなった高齢者の方は、水分を貯め込む力が弱くなるので脱水症になり、さらには熱中症を引き起こしてしまうのです。脂肪が多く、筋肉が少ない人も要注意です。

水を溜められないドライボディとは?

ドライボディとは、熱中症になりやすい体質の人、常に水分が失われやすい人のことをいいます。筋肉の量が少なくて、体に水分を溜められないのです。

この体質は、年齢に関係ないです。若い人から、お年寄りまでいます。

水分を摂取しているのに体に水分を蓄えておくことが出来ないのです。

脱水状態の見分け方

口渇

口の中が乾きます。また、口の中が、ねばねばしてくることもあります。

 

皮膚の乾燥

手の甲の皮膚をつまむと跡が3秒以上残ります。

また、脇の下が乾く場合もあります。

便秘

便中の水分量も失われているからです。

体重の急な減少

ダイエットもしていないのに体重が減ってくる場合に考えられます。

その他の症状

神経過敏で体中の痛みが出る、吐き気、頭痛、寒気、大量発汗など。

熱中症予防のポイントは?

脱水を起こさないための対策として、まず、体の筋肉量を増やす事が大切です。

しかし、高齢者など筋肉量を増やすのが難しい人などは、水分と塩分をこまめにとるようにします。そして、暑い場所を避け、涼しいところに居る事が大切です。

また、食事を1食抜いただけでも、コップ1杯分の水分を抜いたのと同じことになってしまいます。暑くて食欲がないと言って、食事をおろそかにしないようにしましょう。

熱中症対策のトレーニング

下半身には、筋肉の6割が集中しているので、下半身をトレーニングすると良いです。

インターバル速歩

1.3分間ややきつめの早歩きをする。

2.3分間普通の速度で歩く。

の繰り返しをします。1日の目安時間は15分です。

通常の散歩の中に、早歩きをいう動作を加えるだけで、トレーニング効果が期待できます。

机、椅子につかまりながらのスクワット

少しきついと感じるまでゆっくり膝を軽く曲げるスクワットします。

目安は、10回で1日2セット。

机や椅子につかまりながらのスクワットなので、通常よりも楽にできると思います。

つかまるものが倒れないように気をつけてやりましょう。

さらに、運動が終わった後は30分以内にコップ1杯の牛乳を飲むと、筋肉量を増加させる効果が上がります。

まとめ

  • 熱中症の症状で、意識障害があるかないかが医療機関を受診するかのポイントとなる。
  • 経口補水液は、電解質が吸収されやすい特別な飲み物。
  • 水分だけを飲んでも本当の意味での水分補給にはならない。
  • 筋肉量が少ない人は、水分をためることができず脱水からの熱中症になるリスクがある。
  • 筋肉を増やすことで、体に溜まる水分量が増え熱中症になりにくい体になる。

スポンサーリンク

お時間を使って、最後まで記事を読んで頂いて、ありがとうございました。
少しでも良いなと思える内容はありましたか?
シェアボタンを押して頂けると、記事を書く励みになります(^^)
熱中症の症状と飲み物について 知らないと損する経口補水液の特徴とは?
【健康ワンポイント】の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!