頭痛の原因5つをチェック あなたの頭痛はなぜ起こるの?

頭痛の原因1

「頭痛ってどんなことが原因で起こるんだろう?」

「いつも頭痛がするけど、何か病気があるのかな?」

「片頭痛は、血管と関係していて、緊張型頭痛は何と関係しているの?」

などと頭痛に関する疑問は様々です。

今回は、頭痛と原因5つをまとめてみました。

スポンサーリンク

1、血管が原因の頭痛

血管と頭痛

血管が原因で起こる頭痛は、片頭痛群発頭痛があります。

頭の中を走っている血管が広がることによって、血管を取り巻いている神経が刺激し頭痛が起こります。

この頭痛は、血管が原因なので脈拍と同じような痛みが出ることが特徴です。

ドキンドキン、ズキンズキン、ドックドックなどです。

風邪を引いた時の頭痛や、二日酔いの時の頭痛なども、この血管が原因で起こる頭痛に分類されます。

2、筋肉が原因の頭痛

筋肉が原因で起こる頭痛は、緊張性頭痛があります。

長時間のパソコン作業で無理な姿勢を続けている場合や緊張やストレスの高まりなどによって、頭から首肩にかけての筋肉が緊張して硬くなってしまいます。

その結果、血流が滞ってしまい頭痛症状につながります。

実際に頭痛になると、頭が重いなとなどの頭重感を感じるタイプの頭痛です。

スポンサーリンク

3、脳の病気が原因の頭痛

脳の病気

脳の病気が原因で起こる頭痛です。

  • クモ膜下出血
  • 脳腫瘍
  • 髄膜炎など

いずれも脳の中の圧力が高まって、他の場所を圧迫してしまうことで頭痛が発生します。

4、顔の周りの病気が原因の頭痛

目、耳、鼻、口などの病気が原因で起こる頭痛です。

  • 急性緑内障発作
  • 副鼻腔炎
  • 中耳炎
  • 虫歯など

一見、頭痛が起こる場所とは関係ないと思う方もいると思います。

しかし、神経はつながっています。

頭と離れた場所で炎症や痛みが生じても、頭で痛みが発生していると人は思ってしまうのです。

5、心の病が原因の頭痛

精神的な病が、頭痛となって現れることがあります。

特にうつ病などの場合は、心が不安定になりやすくなって脳が痛みに過敏となり頭痛を感じやすくなってしまう傾向にあります。

また、その逆に痛みを感じることによって心が不安定になり、うつ病のようになってしまうこともあります。

他の頭痛記事のリンク

見落とさないで! 危険な頭痛のサイン一覧 この症状が出たら、すぐに病院へ

薬じゃないのに、頭痛が改善する健康食品【ずきしらずの実】とは?

すぐに実践!なぜ、片頭痛はスイカと缶コーヒーで予防できるのか?

など、色々と記事があります。

是非ご覧ください。

まとめ

  • 頭痛を起こす原因は、血管、筋肉、脳の病気、顔周辺の病気、心の病気などがある。
  • とくに病気から頭痛が発生している場合、痛み止めを飲むだけでなく病気自体の治療が必要。

スポンサーリンク

お時間を使って、最後まで記事を読んで頂いて、ありがとうございました。
少しでも良いなと思える内容はありましたか?
シェアボタンを押して頂けると、記事を書く励みになります(^^)