花粉症で喉の痛み そもそも花粉症の原因は何?

sore throat

花粉症で喉の痛みが出るって聞いたことありますか?

私は、喉の痛みと花粉症のつながりってあまりピンときませんでした。

花粉症の症状と聞いてすぐに思い浮かぶのは、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどです。

実際はどうなんでしょうか?

スポンサーリンク

花粉症の原因は?

花粉症が起こる原因は、アレルギー反応によって起こります。

体内に入ってきた花粉を免疫細胞が『異物』であると認識します。

その異物を体外に追い出そうとする反応がアレルギー反応となります。

そのため、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどを起こして、体の中に花粉が入ってこないようにするのが、人体のメカニズムになるんですね。

以前、風邪検定で習ったことと同じことですね。

風邪と違って困る点が免疫細胞の『異物』の認識についてです。

風邪の場合は原因である『アデノウイルス』などは元から『異物』として認識してもらっていいのです。

しかし、花粉症の場合は、『スギ花粉』を『異物』として認識するから、アレルギー反応が起こってしまうのです。

この免疫細胞の異物の認識を変えていこうというのが、スギ花粉の舌下療法につながるわけですね。

花粉症で喉が痛くなるのはなぜ?

喉が痛くなる理由は、花粉による直接的な影響と、間接的な影響の2つに分けることができます。

花粉による直接的な影響

花粉を吸いこむことで、喉の粘膜に花粉が付着します。

そして、その粘膜の部分でアレルギー反応が起こってしまいます。

そうすると、かゆみや場合によっては炎症が生じることもあります。

その炎症症状が悪化することで、喉の痛みとして出てきます。

花粉症の方は、およそ80%の人が喉の違和感をかかえているというので、鼻の症状だけでなく、喉の症状も気をつけなければいけませんね。

スポンサーリンク

花粉による間接的な影響

これは、まず花粉のアレルギー症状によって鼻づまりが起きます。

鼻づまりが起きると、鼻呼吸が出来なくなって、口呼吸をするようになります。

実は、本来、口は呼吸を目的とした器官ではないです。

鼻の様に空気のフィルター機能などがなくて、脆弱なんですね。

口呼吸が続くと、乾いた空気が喉を乾燥させてしまいます。

乾燥した喉では、異物を外に排除するせん毛の働きが悪くなります。

その結果、他の細菌、ウイルスに対しての抵抗力が落ちて炎症が発生してしまいます。

口呼吸の悪影響

口呼吸は、小さいお子さんなどが無意識のうちに口を半開きにして行っている場合があります。その場合も注意しないといけません。

扁桃炎、扁桃腺炎になりやすいとか、喉の奥からにおいの強いかたまりが出ることってありませんか?

それは、口を半開きにした悪影響です。

哺乳類の中で、扁桃腺炎にかかるのは、ヒトだけだと聞いたことがあります。

犬や猫などは、めったに扁桃腺炎にはかからないです。

その理由は、口呼吸をしないから。

犬がよく舌を出して、ハアハアと呼吸しているように見えるのは体温調節が主な目的です。

呼吸は常に鼻から行っています。

もし、鼻づまりがひどくて、口呼吸がメインになってしまうようなら、早めの受診をオススメします。

まとめ

  • 花粉症の原因は、異物を外に出そうとするアレルギー反応。
  • 喉の粘膜につくと、その場所でアレルギー反応が起こってしまい炎症が始まる。
  • 口呼吸をしていると、喉のせん毛の働きが悪くなり感染しやすくなる。

スポンサーリンク

お時間を使って、最後まで記事を読んで頂いて、ありがとうございました。
少しでも良いなと思える内容はありましたか?
シェアボタンを押して頂けると、記事を書く励みになります(^^)
花粉症で喉の痛み そもそも花粉症の原因は何?
【健康ワンポイント】の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!