花粉症の舌下治療で根本から治る?

Cedar pollen1

花粉症は、舌下治療で治せます。

そんなメッセージって聞いたことありませんか?

舌下治療は、新しい治療法なので、あまり聞き慣れないと思います。

色々とまとめてみました。

スポンサーリンク

花粉症の舌下治療って何?

花粉症の舌下治療とは、スギ花粉を少しずつ体内に入れることで、スギ花粉に対するアレルギー反応を少なくしていく治療法のことです。

舌下治療は、『舌下免疫療法』、『減感作療法』、『脱感作療法』『アレルゲン免疫療法』、『アレルギー舌下免疫療法』とも呼ばれます。

スギ花粉が繰り返し体内に入ってくることで、免疫細胞がスギ花粉を『異物』として認識するのを改善します。そうすると、花粉症のアレルギー症状は起こらなくなります。

2014年10月に『シダトレン』という薬が発売されて、この治療法が広く一般的に行われるようになりました。

シダトレンとは?

cdt2000_pk_01

鳥居薬品HPより

シダトレンは、スギ花粉が含まれている液体のお薬です。

2種類の濃度があります。

薬を開始するときは、薄い濃度のスギ花粉の薬を口の中に入れて、2週間かけて徐々に体を慣らしていきます。2週間たったら、濃い濃度のスギ花粉の薬を1日1回継続して服用します。

2015年10月までは新薬扱いだったので、1度に14日を超えるシダトレンの処方をすることができませんでした。

現在は、14日の処方日数制限は解除されたので、一度に1か月分のシダトレンの処方をする医師が多いそうです。

花粉症の舌下治療の治療期間は?

数年にわたり治療が必要です。最低治療期間は約2年間。

毎日1回は、お薬を飲む必要があります。

花粉症の舌下治療の効果は?

舌下治療を行った全員が効果が出るわけではありません。

治療を行った人は、だいたい以下のような割合になると言われています。

zekka-wariai1

A 20%の人 花粉症が治癒。
B 30%の人 花粉症がかなり楽になり、飲む薬の数が大幅に減った。
C 25%の人 花粉症の症状があるが、以前よりは楽。
D 15%の人 花粉症の症状は変わらない。

約80%を超える割合で、花粉症の症状改善が見込めるとは嬉しいですね。

ただ、全く効果がない人もある程度の割合います。

自分が実際に舌下療法を受ける時は、そのことを頭に入れておく必要があります。

スポンサーリンク

花粉症の舌下治療の費用は?

3割負担での目安の金額になります。

初回が、初診料金診察+アレルギー検査料+薬代で、合計5000円~6000円くらい。

2回目の受診が、再診料600円+薬代600円で、合計1200円くらい。

3回目以降の受診は、再診料600円+薬代900円~2000円で、合計2000円~3000円くらい。

初回の金額が高くなるのは、アレルギー検査の金額が高いからです。

アレルギー検査をして、スギ花粉に陽性であることを確認したうえでシダトレンが処方されます。

もし、昔にアレルギー検査を行った結果を示す資料をお持ちであれば、持参することで新たにアレルギー検査を受けないで、医師の判断の元、シダトレンを処方してもらえるかもしれません。

花粉症の舌下治療の副作用は?

3116003

口の中のかゆみ・しびれ、じんましん、腹痛などが報告されています。

元々、免疫細胞が『異物』と認識している物質を、あえて体に入れる訳ですから副作用が起こるのは当然のことだと思います。しかし、軽微なものばかりで、直接命に関わる重篤な副作用は今のところ報告されていません。

さらに言えば、初めてシダトレンを使うときは、病院で厳重に管理された元で使われます。ショック症状が出たとしても、すぐに医師が適切な対応をとれる状況下でないと、使用することができません。

医薬品メーカー側の立場からも、アレルギーのショック症状が出て命に関わる副作用が出てしまうと、シダトレンという薬は今後市場で販売することが難しくなってしまいます。なので、使用の際に相当気をつかっているのではないかと思います。

花粉症の舌下治療の時期は?

舌下治療は、6月~12月の間に開始することができます。

スギ花粉が飛んでいるシーズン中は開始することができません。

これは、効果が出るまで3か月程度はかかるからです。

花粉症がつらいからといって、3月から舌下治療を行おうとしても開始できませんので、治療を考えている方は、気をつけましょう。

まとめ

  • 花粉症の舌下治療とは、スギ花粉を少しずつ体内に入れることで、スギ花粉に対するアレルギー反応を少なくしていく治療法のこと。
  • 花粉症の舌下治療の最低治療期間は約2年間。
  • 花粉症の舌下治療の効果がある人は、約80%。
  • 花粉症の舌下治療は、6月~12月の間に開始することができる。

お時間を使って、最後まで記事を読んで頂いて、ありがとうございました。
少しでも良いなと思える内容はありましたか?
シェアボタンを押して頂けると、記事を書く励みになります(^^)