コーヒーの効果で、コレステロールは上がる?下がる?

コーヒー2

あなたは、コーヒーをよく飲みますか?

香りが好き。苦いから嫌。嗜好品だから、飲む人と飲まない人にわかれる飲み物ですよね。

そんなコーヒーを飲むと、コレステロールは上がるんでしょうか?下がるんでしょうか?

スポンサーリンク

コーヒーを飲むとコレステロールは上がる?

コーヒーを飲むと善玉コレステロールを増やすと言われています。

善玉だろうがコレステロールはコレステロールだから、増えるのは良くないと思う方もいるかもしれませんね。だけど、善玉が増える分には現代人にとって役に立つことなのです。

細胞実験レベルでの検証ですが、コーヒーを摂取させることでHDLコレステロールが約10%上昇するとの報告もあります。

悪玉や善玉コレステロールってなに?

コレステロールには、悪玉コレステロール(LDL)と善玉コレステロール(HDL)があります。

悪玉コレステロール(LDL)の働きは、肝臓の中のコレステロールを血液を通じて体全体に運びます。

善玉コレステロール(HDL)の働きは、血液の中のコレステロールを集めて肝臓に運びます。

LDLの働き

肝臓 LDL 血液 細胞

HDLの働き

細胞 血液 LDL 肝臓

体の細胞は、肝臓から流れてきたLDLコレステロールを受け取って活動して、余分なものはHDLコレステロールに乗せて肝臓に返します。

私、『悪玉』って名前の付け方がちょっと嫌だなと思ってるんです。

本来は、コレステロールは働きが違うだけで善悪はないです。

しかし、現代人の生活ではどうしても脂肪が多いものを過剰に摂取する傾向があるので、血液中のコレステロールを増やす働きをするのが悪の扱いとして『悪玉』になったんですね。

もし、仮に悪玉コレステロールが存在しないとなると、大変なことになります。

体全体にコレステロールを運ぶ手段がありません。体の細胞はコレステロールを利用することができず、正常な働きを保てなくなります。

『運び屋』コレステロールと『回収』コレステロールって改名してくれたらわかりやすいなと思ってます。

スポンサーリンク

1日の摂取量はどのくらいまで?

諸外国では、カフェイン摂取量が1日400mgまでとの基準があります。

煎れ方にもよりますが、コーヒー1杯でカフェインを100mg程度含まれていることを考えると、1日4杯までとなります。

カフェインには、中枢覚醒作用がありますので、夕方から夜にかけては睡眠の妨害になるので、基本的に飲むのは控えた方がいいです。

まとめ

  • コーヒーは、善玉コレステロールを約10%増やす働きが期待できる。
  • コーヒーは、1日4杯まで。

スポンサーリンク

お時間を使って、最後まで記事を読んで頂いて、ありがとうございました。
少しでも良いなと思える内容はありましたか?
シェアボタンを押して頂けると、記事を書く励みになります(^^)